チェレステカラーで有名なビアンキのiPhoneケースが登場 iPhone12シリーズ対応モデルも用意

- Advertisement -

CCCフロンティアは、イタリアの自転車ブランド「Bianchi」のiPhoneケースをUNiCASEオンラインストアにて予約販売を開始した。

Bianchi(ビアンキ)は、1885年エドワルド・ビアンキにより創業されたイタリアの名門自転車ブランド。現存する中では世界最古の自転車ブランドで知られており、碧色のイメージカラ―“チェレステ”(イタリア語で碧空・天空)は有名だ。今回登場したBianchiのiPhoneケースは以下の通り。

Bianchi Hybrid Shockproof Case

「Bianchi Hybrid Shockproof Case」は耐衝撃iPhoneケース。碧色を光沢塗装したチェレステ(Celeste)と、ツヤを抑えた滑らかな質感のメタリックカラーの2色を用意した。

ケースは全体を強度の高いポリカーボネイトで覆い、TPU素材のインナーケースを合わせた二層構造で耐衝撃性が高く、米軍軍事規格の衝撃試験MIL-STD-810G Method 516.6を取得し、落下テストをクリアしている。

対応機種はiPhone12、iPhone 12 Pro、iPhone12 mini、iPhoneSE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7の展開となる。価格は3900円(税抜、以下同)。発売日は、iPhone12/12 Pro、iPhoneSE(第2世代)/8/7が、2020年10月23日(金)で、iPhone12 miniが2020年11月13日(金)。

Bianchi Water Repellent Folio Case

Bianchi Water Repellent Folio Caseはシンプルなデザインと機能性を両立したフォリオケース。
トレンドのヘザー素材の質感に、撥水加工を施すことで水や汚れを弾き、サイクリングやアウトドアシーンでも使用可能な万能iPhoneケースで。カード収納、ストラップホール、動画視聴に便利なスタンド機能も搭載している。

対応機種はiPhone12、iPhone 12 Pro、iPhone12 mini、iPhoneSE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7の展開となる。価格は4500円。発売日は2020年11月中旬。

 

Bianchi Ultra Slim Aramid Case

Bianchi Ultra Slim Aramid Caseは、ロードバイクにも使用されるデュポン社のアラミド繊維「ケブラー」を採用。高強度・超軽量を誇るケブラーの特徴を生かし、薄さ約0.7mm、重量約10gと、薄さと軽量性を実現。マットコーティングが手に馴染み持ちやすく、気になる指紋や汚れがつきにくい仕様になっている。

対応機種はiPhone12、iPhone 12 Pro、iPhone12 mini。価格は6800円で、発売日はiPhone12/12 Proが2020年10月23日(金)。iPhone12 miniが2020年11月中旬。

Bianchi Water Repellent Smartphone Pouch

Bianchi Water Repellent Smartphone Pouchは、ウォレット機能にスマートフォン収納を組み合わせたマルチタイプポーチ。ポケットがあるため、小銭やカードなども収納が可能。トレンドのヘザー素材に撥水加工を施すことで水や汚れを弾き、タウンユースに限らずサイクリングやアウトドアシーンでも使用できる。サイズはiPhone 12 Pro Max(H160.8×W78.1×D7.4mm)のサイズまで対応。価格は4000円で、発売日は2020年11月中旬。

Copyright (C) 2020 UNiCASE All Rights Reserved.

関連リンク

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連