2020年モデルの自転車まとめ ツーリング用自転車

ハブダイナモライトも装備した通勤・ツーリングバイクLOUIS GARNEAU MULTIWAY700

投稿日:

ファッショナブルなスポーツ自転車を取り扱っていることで有名なルイガノ。その中でも「MULTIWAY」シリーズは、通勤・通学用のスポーツ自転車のラインだが、異色とも言えるのが「MULTIWAY 700」だ。MULTIWAY 700は、ドロップハンドルタイプのツーリングバイクといえるモデル。他のMULTIWAYシリーズが街乗り用なのに対し、こちらのモデルは街乗りとサイクリングが両方楽しめるようになっている。MULTIWAY 700はホイールベースが長い、ツーリングバイク用のアルミフレームに、TEKTRO MD-400(MIRA)の機械式ディスクブレーキを装備。変速はShimano SORAを採用し、ギアは、前50×34T、後ろ11-30Tの9速。この手の自転車としては重めのギア比を採用している。タイヤは700x35c。ママチャリ並みの太さのタイヤだ。

出典:louisgarneausports.com

この自転車の一番の特徴が、ハブダイナモライトを標準装備している事だ。一般的なスポーツ自転車のライトは別売りで、ユーザー自身がライトを装着する必要がある。一般的な電池式は、偶に夜間走行を行うには使いやすい一方、日々の通勤・通学では扱いにくいため、電池切れの心配が無いハブダイナモライトのほうが有利だ。しかし、ハブダイナモライトはハブダイナモライト対応ホイール単体で1万円以上の物があり高価になりやすい、配線を綺麗に取り回すのにコツがいる等、DIYで行うにはちょっとややこしい物なので、標準装備はありがたい。

ハブダイナモはシマノ・DH-T4050-1D(6V-1.5W)。ライトに関してはスペックに書いていないが、筆者が試乗会で見たのはLP-C2250というハンドルバー装着タイプ。このライトは内部にセンサーが無いため常時点灯を行うタイプだ。

ハブダイナモライトにアルミ製フェンダーを装着した、ディスクブレーキのツーリングバイクで税抜99,800円はお買い得だろう。惜しむべき所は、街乗り用なのにフロントクランクにはチェーンガードが無い、ギア比が重い所だろう。

http://www.louisgarneausports.com



-2020年モデルの自転車まとめ, ツーリング用自転車
-, ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.