ニュース 電動アシスト自転車/E-Bike

BESVから新型E-Bike3モデルが発表 E-MTBに折りたたみタイプも登場

投稿日:

アジアやヨーロッパ、北米で展開しているE-Bike(電動アシストスポーツ自転車)ブランドのBESV(ベスビー)から、3種類の新モデルが発表された。今回発表されたのは、折りたたみタイプのE-Bike「PSF1」、ハードテールE-MTB「TRS2 XC」、フルサスペンションE-MTB「TRS2 AM」の3モデルとなる。

BESVブランドアンバサダー「のん」さんとBESV PSF1

6月6日に行われた新モデル発表イベントでは、株式会社BESV JAPAN取締役会長「アンディー・スー」氏の挨拶に始まり、株式会社BESV JAPAN代表取締役社長「澤山俊明」氏の新モデルプレゼンテーション、スポーツe-Bikeナビゲーター「栗村修」氏と、モデル「福田萌子」さんのトークセッション、女優・創作あーちすと「のん」さんのトークセッションも行われた。

株式会社BESV JAPAN取締役会長「アンディー・スー」氏の挨拶では、2018年度は販売台数が伸びており、アジアやヨーロッパ、アメリカでの売り上げが非常に好調だと語っていた。また、日本でBESVアンバサダーを行っている「のん」さんを、台湾でもBESVアンバサダーとして採用すると発表。のんさんの台湾BESVアンバサダーの就任により、」日本のE-Bikeトレンドを台湾へ広がる事に期待していた。

そして、スポーツE-Bikeナビゲーターの「栗村修」氏と、モデル「福田萌子」さんとのトークセッションも行われた。「栗村修」氏は、ヨーロッパのE-Bikeブームの主流であるE-MTBの流行から、スポーツ自転車の主流がE-Bikeになると予想。クロスバイクタイプの「JF1」に乗っているモデルの「福田萌子」さんは、仲間と楽しく走ることができ、新たな魅力を広げるE-Bikeの魅力を語っていた。BESVのアンバサダーに就任し、ミニベロE-Bike「PS1」に乗っている「のん」さんは、折りたたみタイプのE-Bike「PSF1」がデザイン性と簡単に折り畳めることに驚いたとのこと。

今回発表された3車種(PSF1・TRS2 XC・TRS2 AM)を紹介

PSF1は、BESVのミニベロE-Bike「PSシリーズ」の折りたたみ自転車バージョン。PSシリーズの流れを組む車体デザインを採用しつつ、フロントフォークとスイングアーム、ハンドルステムを折りたためる。オプションでキャスター付きキャリアやハードケースなどが用意される。価格は¥245,000(税抜き)で、2019年10月に発売予定。

TRS2 XCは、アルミフレームにダウンチューブに取り外し式内蔵バッテリーを装備したハードテールE-MTB。ドライブユニットはシマノ・STEPS E8080を搭載し、27.5×2.35タイヤを装着。オプションでフェンダー&リアキャリアが用意されており、街乗りから本格的なオフロードライドまで楽しめる。価格は¥360,000(税抜き)で、2019年8月23日発売予定。

フルサスペンションE-MTB「TRS2 AM」は、前後150mmトラベルのサスペンションと27.5×2.6タイヤを採用したオールマウンテンタイプ。TRS2 XCと同じようにダウンチューブに取り外し式内蔵バッテリーをとシマノ・STEPS E8080ドライブユニットを搭載し、本格的なオフロードライドが行えるE-MTBだ。価格は¥445,000(税抜き)。TRS2 XCと同じく、2019年8月23日発売予定。

BESV JAPAN:https://besv.jp/



-ニュース, 電動アシスト自転車/E-Bike
-, , ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.