ロードバイク

ストリート仕様のエアロロードバイク「Rockbikes SPITFIRE AERO/ENVY AERO」

投稿日:

競技用ロードバイクでトレンドの1つとなっているのがエアロ。空気抵抗を削減することでより速く走れるのを売りにしている。様々な自転車メディアでエアロロードバイクは取り上げているが、シクロライダーがエアロロードバイクに関心を示さなかったのは、一般的な非競技ユーザーのサイクリングなら効果は無いと判断して紹介しなかった。

そんな中、気になったエアロロードバイクもある。RockbikesのSPITFIRE AEROとENVY AEROだ。

SPITFIRE AERO

出典:Rockbikes

Rockbikesは性能一辺倒ではなく、カッコも追求したスポーツサイクルブランドとして知られている。SPITFIRE AEROとENVY AEROは、Rockbikes社のロードバイク「SPITFIRE」と「ENVY」のエアロバージョン。このロードバイクの特徴はエアロ用に専用設計したのではなく、従来のフレームにフィンを装着したということ。また、これらAEROシリーズは性能を重視したのではなくカッコを追求して生まれたようだ。

ENVY AERO

出典:Rockbikes

性能を追求したのでは無く、カッコを追求するためにエアロ化したのは、ある意味ではスーパーカーに近いだろう。スポーツカー・スーパーカーやオートバイの世界では、性能を極限まで追求せずカッコや雰囲気を重視している車が殆ど。これは、性能を極限まで追求すると売れなくなるからだ。例えば、スポーツカーでサーキットを走りたいのなら、窓や屋根、オーディオが無く、性能を極限まで追求したクルマを買えばいい。しかし、このようなクルマで公道を走行すると大変な目に合う。そのため、殆どの人は買わない。

しかし、自転車の世界の違う。それは、小さい力で走る必要があり、最大限まで効率を追求しないといけない面があるのだ。レース用自転車に偏重するのは、そのような面もあるだろう。そんな世の中で、RockbikesのAEROシリーズは異色とも言える。極限の性能を追求したレースカー的なロードバイクではなく、性能とカッコを両立したスポーツカー・スーパーカー的なロードバイクに、どれほどの人が購入するのか気になる所だ。

Rockbikesのエアロシリーズは、塗装を落としてエアロフィンを取り付け再塗装する。また、ロゴデザインやカラーも変更可能。新車だけでなく既に乗っているオーナーでもエアロ仕様にすることができるようだ。



-ロードバイク
-, ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.