• ジャンル別
    最新トレントを組み込んだグラベルロード Cannondale Topstone
  • ニュース
    ミニベロタイプのE-Bikeや街乗りスポーツサイクルが登場したルイガノ2019年モデル
  • まとめ
    東京でロードバイクやクロスバイクに乗れるレンタサイクル・サイクリングツアー一覧
  • ジャンル別
    グラベルロードのスルーアクスル規格まとめ
  • まとめ
    次世代の電動アシストモビリティ「豊田トライク」まとめ
  • ニュース
    ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車等の2019年モデルまとめ【随時更新】
  • ジャンル別
    日本では買えないが乗れるE-MTB Spacialized Turbo Levo FSR 6Fattie【海外モデル】
  • ジャンル別
    日本で乗れる電動アシストスポーツバイク(E-Bike)用アシストユニット一覧
  • まとめ
    【自転車漫画】ママチャリなカコまとめ【随時更新】
  • ジャンル別
    シマノ製電動アシストユニットを搭載した電動アシストクロスバイク「ミヤタ・CRUISE」
アドベンチャー志向のクロスバイク Fuji Rafesta(2019)

ロードバイクながらグラベルも走れるグラベルロードがブームになっている。このブームはクロスバイクにも飛び火している。今回、紹介するクロスバイクはFuji Rafesta 2019年モデルだ。

出典:http://www.fujibikes.jp/2019/products/raffista/index.html

一般的なクロスバイクは、シティサイクル並の太さを持つタイヤを装着したタイプや、ロードバイクに近いぐらい細いタイヤを装備したタイプ(スピードクロス)がメインだ。しかし、Fuji Rafestaは車輪径は27.5インチとマウンテンバイクと同じサイズを採用し、タイヤ幅は1.75インチと太い。従来のクロスバイクよりもダート走行を重視している。フレームは2.2インチ幅のタイヤまで対応しているので、マウンテンバイク風にすることもできるとのこと。

部品もダート走行を意識している。ブレーキは砂利道でも効くために油圧式を採用し、変速はシマノ・Deore 10速でフロントシングル仕様。マウンテンバイクで流行の規格を意識している。車体重量は11kgと軽く、舗装路走行や輪行もマウンテンバイクよりも楽にできるだろう。

Rafestaは一般公道レベルならオールマイティに楽しめる事ができる事だろう。Rafestaを購入した後にロードバイクを買っても、太いタイヤが装着できるので街乗りやちょっとしたダート走行用にカスタマイズして、使い分けて楽しめそうだ。

関連キーワード
  • すぐわかるクロスバイク Schwinn編
  • khodaa bloom rail700のように見える newアンタレスクロスバイク
  • 時代から立ち止まっているランドナーと先進化を行うトレッキングバイクの違い
  • Cannondale QUICKシリーズの2017年モデルについてまとめてみた
  • GIANT Escape RXとEscape AIRの違いは非常に大きい
  • ロードバイクからクロスバイクに乗り換えて良かったこと、悪かったこと