• ジャンル別
    グラベルロードはクロスバイクよりも色々な道を走ることができるのか
  • まとめ
    次世代の電動アシストモビリティ「豊田トライク」まとめ
  • ジャンル別
    クロモリフレーム版も登場!Fuji Jariシリーズについて解説【2019年モデル】
  • まとめ
    【全国版】ロードバイクがレンタルできるレンタサイクル店一覧
  • ジャンル別
    ヤマハ・YPJ-Cのすべて 試乗でわかった評判・感想をまとめる【E-Bikeインプレッション 】
  • ジャンル別
    最新トレントを組み込んだグラベルロード Cannondale Topstone
  • ジャンル別
    GTのグラベルロード「GRADE」シリーズまとめ 2019年モデルも紹介
  • ジャンル別
    ルノー・ライトシリーズの全て 軽さとコスパを売りにした折り畳み自転車を紹介
  • ジャンル別
    世界1週用自転車もE-Bikeの時代? KOGA E-WORLDTRAVELLER【海外モデル】
  • ジャンル別
    ロードバイクの走りにMTBの安定性を持った至高の公道用ロードバイク Cannondale SLATE
Dahon(Akiboモデル)の2019年モデルPDFが公開

折りたたみ自転車ブランド「Dahon」の公式Webサイトに、2019年モデルのPDFカタログが公開されている。

http://www.dahon.jp/

Dahonには、Fujiブランドで有名なAkiboが輸入代理店となっている「Dahon」と、武田産業とシナネンサイクルの2社が共同で輸入代理店を行っている「Dahon International」の2種類がある。今回紹介するのは、Akibo取扱いの「Dahon」だ。

PDFカタログを見ると、14インチモデルは3段変速のスポーツモデル「K3」、内装3段変速のDove i3、軽量モデルのDove Plusの3種類となった。

20インチモデルでは新たにClinch D10が登場した。これは、かつてのハイエンドモデル「Clinch」のデザインをそのままに低価格化を行っている。曲線的なフレームデザインを採用したMu D9は、内装式ワイヤーを採用しスムーズなデザインになった。Boardwalk D7はトップチューブとBBをワイヤーでつないだDeltecシステムを採用した。

出典:http://www.dahon.jp/2018/img/catalog/catalog2019.pdf

また、筆者がTern Link N8を購入する時、注目していた「Horize」は、ディスクブレーキバージョンの「Horize Disc」のみとなったようだ。今まで、Horize Discは一部のディーラーのみの販売だったが正式モデルに格上げか。2018年モデルと同じくフロントディレイラー台座や外折れ式ハンドルポストを採用している。

関連キーワード
  • ついに24インチ折り畳み自転車にも格安モデルが登場。RENAULT AL-FDB246
  • 折りたたみ高さ48cmと脅威の低さを実現した18インチ折りたたみ自転車 Iruka
  • 縦折れ式折りたたみ自転車 5Links2のすべて 評価からグレードの違いまで解説
  • PECOシリーズの中では一番街乗り向けのモデル OX BIKE PECO BUCCHO
  • PATTOBIKE 16インチ仕様(S349)は18インチ仕様に設計変更を行うとのこと
  • 2種類の車輪径を楽しむことが出来るKHS F-20シリーズ