自転車旅行で必要な物の1つに携帯ポンプがある。万が一パンクした時に空気を入れるために必要だが、入れるのに時間がかかり力が必要だ。この欠点を解消するには3つの方法がある。1つは、ブリヂストン・フレームポンプのように大型の携帯ポンプを使うこと。2つ目はCO2ボンベを使う方法がある。どちらも欠点はあり、大型携帯ポンプは通常の携帯ポンプよりも大きくCO2ボンベよりも空気が入れにくい、CO2ボンベはボンベの再充填ができない問題がある。

携帯ポンプより楽に入れ、CO2ボンベみたいに使い捨てするのに躊躇う人向けの商品がBERKUT SPECIALISTという電動ポンプ。この電動ポンプの特徴は、自転車に取付できるほどコンパクトながら、 8bar/120psiまで空気を入れることができるため、ロードバイク等の高圧タイヤでも安心して空気を入れられること。参考に1回の充電で空気を充填できるタイヤ本数は以下の通りだ。

  • ママチャリ・ロード・クロスバイク:約8本
  • マウンテンバイク・ファット系バイク:約5〜6本
  • スクーター:約4〜5本
  • スポーツオートバイ:約2本
  • オフロードオートバイ:約3本

今までも、自転車に使える電動ポンプはあったが、サイズが大きくてロードバイクに使うには高圧まで空気が入らない欠点があった。しかしBERKUT SPECIALISTはこの2つの欠点を解消している。多くの人が注目しているらしく、クラウドファンディングプロジェクト「Makuake」で公開してから初日に目標金額の100%を突破したとのこと。2018年8月には一般販売を行うとのことだ。

スペック

  • 内蔵バッテリー:リチウム電池12.8V / 2,000mAh
  • バッテリー充電時間:約2時間(充電完了)
  • マックス圧力:8Bar(kg / cm 2) 120psi
  • 連続可動時間:8分
  • マックス空気流量:毎分10リットル
  • 対応バルブ:米国・仏式バルブ (アタッチメント式:両側で切替)
  • 懐中電灯機能 :LEDライト内蔵

http://www.uniqstyle.co.jp/products/BERKUT/BERKUT.html