MTBルック車を自動車で表すと出来が悪い中国製SUV

ikupon.comの2015/12/22の記事で、5万円以下のフルサスペンションルック車はヤバイという記事がある。MTBルック車は重く、錆びやすく、設計が不自然で乗りにくく、安定感や剛性が無く、買うのならお金を出して4万円台のクロスバイクのほうが良いと言い、もしくは2~3万円台のサスペンションが無いリジッドMTBルック車が良いと言っている。詳しい内容を見たい人は、ikupon.comを見てください。

今回は、本格的MTBやエントリーMTB、フロントサスペンションがついたデュアルスポーツタイプのクロスバイク、MTBルック車を自動車として表したらどうなるのか考えてみた。

本格的なMTBはシビアな場面にも対応できる4輪駆動車

10万円以上するマウンテンバイクは、林道よりもシビアな場面での走破性や安心感が大きい。6万円以下のエントリーMTBに存在する不安感が無いので安心して走ることができる。自動車で言うのなら、ジムニー等のシビアな場面でも走ることができる本格的な4輪駆動車のようなものだと思う。

参考:高価なマウンテンバイクと安価なマウンテンバイクの大きな違い

エントリークラスのMTBは、シビアな場面では弱いが本格的な機構を採用したSUVか

今のエントリーモデルのマウンテンバイクは、ディスクブレーキやそこそこ良く出来たサスペンションを装備しているが、林道以上のシビアな場面を走るのには安心感がなくて怖い。上手い人は階段を下ることができるようだが、素人の自分が比較した感じだと、凄いとしか言いようが無い。そんなエントリーモデルのマウンテンバイクだが、林道程度ならスピードを出すなど追い込んだ使い方をしないのなら走ることができ、自分もやってきた。自動車で言うのならダイハツ・テリオス(日本名ビーゴ)のような物か。テリオスはジムニーには叶わないが、ビルドインラダーフレームや縦置きエンジン後輪駆動から設計した4輪駆動機構など、本格的な車体設計を採用したSUVで、乗用車ベースのSUVよりも本格的な場所を走ることができるようだ。

デュアルスポーツタイプのクロスバイクは、街乗り系統のSUV車か

クロスバイクの中でも、TREK DSなどサスペンションを装備しシティサイクル並のタイヤを装備したモデル(デュアルスポーツタイプ)は、エントリーモデルのマウンテンバイクよりもタイヤが細く、サスペンションの稼働量が少ないので、エントリーモデルのマウンテンバイクよりも走れるオフロードは少ない。ただ、一般生活にある舗装されていない場面や段差には、このようなデュアルスポーツタイプも効果があり、タイヤもシティサイクル並の太さなので、タイヤが太いマウンテンバイクよりは舗装路は軽く走ることが出来るだろう。

自動車で言うと昔の商用車派生型ワンボックスやミニバン(トヨタ・タウンエース・ライトエースノアなど)や、スズキ・ハスラーやトヨタ・RAV4、日産・エクストレイルなどの乗用車ベースのSUVだろう。本格的にオフロード走行を行うモデルではないが、車高の高さや4輪駆動のおかげで安心感は大きいだろう。また、一部車種では乗用車の4輪駆動車には装備されていない駆動制御システムのおかげで、一般ユーザーが走行する砂利道や雪道ではさらに安心感が期待できる。

MTBルック車はできの悪い中国製SUV

重く、錆びやすく、設計が不自然で乗りにくく、安定感や剛性が無いMTBルック車はカッコだけの自転車で、オフロード走行は出来ないサスペンションやフレームは本当にカッコだけで、買うのならお金を出して別のを購入したほうがいい。自動車で言うのならできの悪い中国製SUVのような物だろう。爆破されている動画の車種は双環汽車・CEOでBMW X5のデザインをコピーしたSUVで、エンジンは現地生産されている三菱の4G63/4G69を搭載した、中国の開発能力が無い方の企業の自主ブランド車だ。動画のCEOは各部が錆びてボロボロ、ブレーキすら錆びてパッドが剥離し、走りもメタメタでとんでもない自動車のようだ。

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

THIRDBIKESから手軽に乗れる街乗りスポーツ自転車「SUPERSONIC」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月11日、スポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、街乗り向け低価格クロスバイク「SUPERSONIC (スーパーソニック)」を発売した。 SUPERSONICは細身のフレームに、街乗りで必要なスタンドやバッテリーライトを装備した量販店向けのクロスバイク。車体色はレッドとダークブルーが単色でシンプルなもの加え、サイケデリックシルバーはシルバー地にカラフルな色やカタカナを取り入れた個性的なデザインとなっている。また、自転車業界の自主基準である BAA (一般社団法人自転車協会認証) を取得している。 適応身長は160センチメートルからで、カラーはサイケデリックシルバー、レッド、マットダークブルーの3植。重量は13.8キロ。付属品はベル、LEDバッテリーライト、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル。取扱店舗は全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店。価格は2万4000円(税抜)。 関連リンク THIRDBIKES

自転車漫画関連

【自転車漫画】「ママチャリなカコ/クロスバイクな日々」まとめ

只野うささんが、クロポタNOTEで公開している自転車4コマ漫画「ママチャリなカコ/クロスバイクな日々」を解説しながら紹介する記事をまとめました。 ママチャリなカコ https://www.cyclorider.com/archives/24158 https://www.cyclorider.com/archives/24402 https://www.cyclorider.com/archives/24544 https://www.cyclorider.com/archives/24956 https://www.cyclorider.com/archives/25104 https://www.cyclorider.com/archives/25294 クロスバイクな日々 https://www.cyclorider.com/archives/26484 https://www.cyclorider.com/archives/26722 https://www.cyclorider.com/archives/27545 クロポタNOTE:作者のWebサイト 只野うささん|Twitter:作者のTwitter

【自転車漫画】「サイクル。」電子書籍版まとめ

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。TwitterやInstagramで公開されている漫画や、シクロライダーでまとめた漫画だけでなく、電子書籍(Amazon Kindle)で読むことも可能だ。今回は、Kindleで販売されている「サイクル。」の漫画を紹介しよう。 4コママトメズン/SNSマトメズンシリーズ 「サイクル。」の電子書籍の中で、「4コママトメズン」と「SNSマトメズン」は、TwitterやInstagram上で公開された漫画を電子書籍でまとめている。紙媒体に近い状態で読めるため、自然な感覚で読めるだけでなく、描きおろしを巻末に入れているのも特徴だ。1~4巻までは、4コマ漫画の形式を採用している。 5巻目からの「SNSマトメズン」は、表現手法を普通の漫画に変えて再スタートした電子書籍。普通の漫画に変わったため、電子書籍のほうがより見やすくなった。こちらも巻末に描き下ろしの漫画が用意されている。 「サイクル。」電子書籍オリジナル版 「サイクル。」には、SNS上で公開された漫画だけでなく、電子書籍限定のオリジナル漫画も用意されている。 「ゲンカイギリギリ30min」は、ナイトロバンビ達がシクロクロスレースに挑戦する漫画。実際にシクロクロスレースを観戦している雰囲気になる漫画だ。 「まるちゃんホイールを買う?」は、ナイトロバンビたちが、入りびたる峠の茶屋「三色茶屋」での日常の一コマを描いた漫画。ナイトロバンビたちがホイールについて語るあるある話をまとめている。 「ナイトオブザともちゃん: エピソード番外編 サイクル。」は、自転車から外れた外伝的漫画。「サイクル。」で登場するともちゃん(桜井朋美)が家で一人でいる時にアレに出会ってしまうエピソード。 「サイクル。: 第一話 まるちゃん自転車を買う」は、サイクル。の始まりを新たに描き下ろした漫画。4コマ時代と比較するのも面白いだろう。 https://www.cyclorider.com/archives/23758

【自転車漫画】初めてのロングライドに向けて練習「サイクル。」Part10

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は、初めてのロングライド「琵琶湖1週」に向けて練習する内容です。   View this post on Instagram   三色団子ちゃん 始業式 #4コマ#イラスト#illustrations #illustration #roadbike #コミックエッセイ #コミック#まんが#漫画#ロードバイク #ロードバイク漫画 #ロードバイク女子 #ロードバイク女子 #自転車#自転車漫画 #自転車女子 五十嵐英貴さん(@rengokulab)がシェアした投稿 - 2017年 9月月7日午前4時47分PDT   View this post on Instagram   三色団子ちゃん...