ルノーウルトラライト7の全て インプレッションからライバルまで解説

14インチ折りたたみ自転車のルノーウルトラライト7は、実売価格5万円台で重量7.4kg(ペダル、スタンドを除く)を達成した折りたたみ自転車として知られている。ウルトラライト7の登場により14インチ折りたたみ自転車が活性化している。今回は自分が所有しているウルトラライト7のインプレッションからライバル車の紹介まで書いていく。

スポンサーリンク

ウルトラライト7のような14インチ折りたたみ自転車はどのような使い方が適しているか

ウルトラライト7等の14インチ折りたたみ自転車は近距離限定で歩きよりも速く移動したい人向けの折りたたみ自転車だ。この手の折りたたみ自転車は車体が軽いので、成人男性なら比較的気軽に持ち運びでき、折り畳み時の車体サイズも小さいため電車輪行でも邪魔になりにくい。

20インチ折りたたみ自転車と14インチ折りたたみ自転車の使い方は大きく違う。20インチ折りたたみ自転車は「自転車をメインに使う旅行で使うための自転車」で、14インチ折りたたみ自転車は「自転車をサブに使う旅行で持っていく自転車」ぐらいの違いがある。

上記のサイクルベースあさひのブログ記事では、FIAT AL-FDB140(カスタム仕様)とルノーウルトラライト7を持っていき、普通の旅行に持っていったという内容。自分もウルトラライト7を購入してから、フリー切符を買ってウルトラライト7を持っていってふらっと旅行を行うようになった。仮に自転車が邪魔になっても中型コインロッカーに入れることが可能なため(一応折りたたみサイズ等は要確認)コインロッカーに入れて徒歩での旅行もできるだろう。

コインロッカーに入れることができる折りたたみ自転車一覧
自転車を長時間駐輪すると盗難の危険がある。特に自転車が役立つ都会になればなるほど盗難の危険性が上がる。そのような盗難を防止する方法の1つとし...

また、この手の14インチ折りたたみ自転車はコンパクトに折り畳むことができるので車載も容易だ。中型コインロッカーに入れることができる折りたたみサイズなので、荷室が小さいコンパクトカーやスポーツカーにも積むことができる。

例を挙げると、軽自動車+αの車体サイズでリアエンジン・リアドライブのため後部荷室の床面が高いルノートゥインゴの後席を折りたたまなくても2台積めたり、ポルシェ911の前トランクに搭載できる。ある意味自転車版モトコンポと言えるだろう。

|´・ω・`)っ「くろん」 の愛車 ポルシェ 911 (クーペ) に装着しているパーツ「FIAT フィアット AL-FDB140 Mobilly」のレビューです。Powered by みんカラ

因みに本来の自転車版のモトコンポは、ホンダのステップコンポだろう。ステップコンポは電動アシスト折りたたみ自転車で、2代目ステップワゴンに車載することができるのを売りの1つにしていた。

ルノー・ウルトラライト7の利点と欠点

ウルトラライト7の利点は車体重量7.4kgと軽量な所だろう。公称重量7.4kgはペダル・スタンドを除いた重量だが、持った限りではなかなか軽いため嘘ではないだろう。ここまで軽いと気軽に輪行できるので旅行でなんとなく自転車を持っていくこともできる。折りたたみサイズも小さいので電車輪行から路線バス輪行、車載、コインロッカーに入れるなど歩行+αの使い方をするには非常に役に立つ自転車だろう。

ギアは比較的大きいギアを装着しているので平地では予想よりもスイスイ走ることができ、ママチャリよりも速いスピードを出すことができる。また、14インチ折りたたみ自転車の割に漕ぐのをやめた時の空走時のスピードの維持が長く感じる。これは車体重量が軽いのと車輪のハブにシールドベアリングを採用しているためか、舗装が綺麗な道ではよく走るように感じる。上り坂は車体が軽いためか予想よりも上れる。ただ長い坂道でのんびり走れるのは難しいため、平地重視のルートを選ぶべきだろう。

ウルトラライト7と低価格版のライト8は、14インチ折りたたみ自転車としてはホイールベースが長いため、比較的身長が高い人でも乗りやすく、安定性がこの手のクラスでは比較的良いと言われている。

欠点は段差の通過での振動。14インチと車輪が小さく段差に乗り上げにくいため、小さい段差でも躊躇してしまう場面が多い。普通の大径車輪の自転車のように通過したら転倒する恐れがあるため段差の通過には注意が必要だ。

ハンドルポストは上下調整可能で幅広い乗車姿勢がとれそうだが、安定して走ることができるポジションは、スポーツサイクルのようにハンドルとサドルの落差が平行ぐらいのポジションしかない。これはチェーンステー長が非常に短くママチャリのようにアップライトな姿勢で乗ると、後輪に荷重がかかりすぎるためだと思われる。

自転車の世界ではあまり言われないが前後重量配分は重要だろう
自転車の世界で重要なことを言うのは少ない。例えば電動アシスト自転車の駆動方式の違いや、前後重量配分はあまり聞かない。特に前後重量配分について...

車輪に採用されているスポークは前輪はアルミニウム後輪はステンレスを採用しているとのことで、スポークは13番と通常のスポークよりも太い。そのためニップル回しが入らない場合があるため、ニップル回しを買うときは注意が必要。

ウルトラライト7に装着されているシートポストは、軽量で車体重量の軽さに一役買っているが、シートポストの長さがあまり長くないため、身長が高い人はシートポストの交換が必要になる。

ウルトラライトのシートポストは溝が入っているが車体に装着されている溝付シムを外せば、34.0mm径のシートポストを装着できるが34.0mmのシートポストは少ない。DAHONやTernに採用されている33.9mmのシートポストはラインナップが多いのでシムを入れて使うのが一般的だが、33.9mm用シムを探すのが難しい。自分はアルミ板を切ってで自作シムを入れてTern Link N8のシートポストを入れている。ウルトラライト7のシートポスト自体は33.9mm径のため、DAHONやTernなどの自転車に装着することができるが、ウルトラライト7のシートポストの長さは短いため、実際に役に立つかは不明だ。

カスタムに関しては特殊な部品を多く採用しているため、日本国内の正規輸入部品では上手くカスタムできない可能性がある。この手の14インチ折りたたみ自転車は、中国市場で人気らしく、中国の通販サイトでは専用の部品が沢山あるため、海外通販を使用して部品を調達しないといけない。

ライト8とウルトラライト7ならどちらを買うべきか

ルノーウルトラライト7には低価格版のライト8というモデルがある。ライト8はウルトラライト7と比較すると、重量1kg重い、溝なしシートポストを採用している、フロントギア46T、リアギアは11Tとウルトラライト7よりも軽めのギア(ウルトラライト7はフロント47T、リア10T)を採用している、カラーリングが3種類と豊富、という特徴がある。ライト8はAL-FDB140と名前に書いてあるが、DAHON OEM時代のFIAT AL-FDB140とは違うようだ。

ライト8を買う時に注意すべき所は車体重量1kgの違い。自分は最初、ライト8を買おうと思ったがライト8とウルトラライト7を持ち上げて見て、1kgの違いに驚いてウルトラライト7を購入した。

ウルトラライト7は多段変速化できるのか?


ウルトラライト7を多段化を行う場合、中国で販売されているBYA412(DAHON DOVE)用の外装3段変速用キットを搭載する方法が知られている。この方法は中国の通販サイトから購入するのが一般的で敷居が高い。

こんばんは、名状しがたい日記のようなものです。手付かずのままだったウルトラライト7のリア多段化カスタムも今回でひとまず完了です。【追記】後に外装5段化しました。買ったときは改造する気なんて全く無かったUL7ですが、気付けばクランク、ハンドル周り、ホイール、サドルやスタンド、ペダル等を交換してました。今後はハンドルポスト...

ウルトラライト7を購入して最初から外装3段変速化するのはまったほうがいい。ウルトラライト7シリーズに外装3段変速仕様のULTRA LIGHT7 Limited Editionが登場するからだ。詳しい情報は入っていないが、Amazon.co.jpでは予約を受け付けているようだ。

総評:合う人には合うが合わない人には合わない自転車

ルノー・ウルトラライト7に限らず14インチ折りたたみ自転車は、大径車と比較すると走りに癖があり、合う人には合うが合わない人には合わない自転車だ。ネット上ではウルトラライト7をやたら持ち上げるメディアがあるが、そのような記事を見たら無知だと思っていいだろう。14インチ特有の段差の弱さや不安定さは誰にでも薦めることができる自転車ではないからだ。自分は20インチのTern Link N8や20インチ小径車のASAMA BETAを持っているが、14インチのウルトラライト7はこれらの小径車の代替品にはならず、減車する気は無い。

一方、ウルトラライト7のような折りたたみ自転車が合ったら非常に気に入るだろう。「自転車をサブに使う旅行で持っていく自転車」では、これほど頼もしい自転車は無く行動範囲が大きく広がるからだ。購入するときはできるだけ試乗して走行特性を理解して購入するのを薦める。

ルノーウルトラライト7に使うことができる輪行袋・輪行バッグ

14インチ折りたたみ自転車のウルトラライト7は、中型コインロッカーに入れることができるほどコンパクト。ここまでコンパクトな折りたたみ自転車は少ないため、専用の輪行バッグはあまりない。純正オプションに相当するものとしてGicから販売されているVelolineブランドの輪行バッグがある。それ以外でも16インチ用の輪行袋なら丁度いい大きさのため、16インチ用輪行袋を買うのがベターだろう。

ルノーウルトラライト7のライバル

14インチ折りたたみ自転車「ルノー・ウルトラライト7」のライバルで思い浮かぶのは、本家DAHON DOVE/DAHON DOVE PLUSだが、DAHON以外にもウルトラライト7のライバルは存在する。ここでは10万円以下で購入できる14インチ折りたたみ自転車を紹介したい。

DAHON DOVE

折りたたみ自転車総合ブランドで知られているDAHON。DAHONの中でも14インチ折りたたみ自転車のDOVEは特殊な折りたたみ自転車で、元は中国市場向けの折りたたみ自転車とのこと。中国市場では相当ヒットしているらしく、中国の通販サイトではDOVEの型式名のBYA412と検索すると数々のBYA412の専用部品が登場する。ルノー・ウルトラライト7は、DAHONとは関係無いとのことだが、設計や折りたたみヒンジのデザイン等を見ると、BYA412シリーズの類似品と言っても良いだろう。

現在、日本国内でもDAHON DOVEを購入することができる。DOVEはウルトラライト7よりもハンドル~サドル間が短く、折りたたみサイズもウルトラライト7よりもコンパクトになる。フレームにはフロントラックが装着できる台座があるので、実用性を重視する人ならウルトラライト7よりもDOVEが良いだろう。

14インチ折りたたみ自転車 RENAULT ULTRA LIGHT7とDAHON DOVEを比較する
14インチ折りたたみ自転車で、有名なモデルの1つがRENAULT ULTRA LIGHT7。車体重量7.4kgと軽量ながら税抜き価格...

DAHON DOVE PLUS

Dahon Doveシリーズの中でも軽量仕様なのがDOVE PLUS。タイヤはDOVEよりも細い1.35インチを採用し、軽量化を行うことによってアルミフレームながら6.97kgを達成。DOVEには装着されている上下調節可能ステムや、フロントラック装着用台座は無い。ウルトラライト7よりも軽量なモデルが欲しいのならDOVE PLUSを選ぶべきだろう。

大日産業 モバイルバイクエアー14インチ

ルノー・ウルトラライト7のようにBYA412の類似モデルと思われる大日産業のモバイルバイクエアー。車体重量は7.5kgで、ウルトラライト7よりもスポーク数が少なくタイヤも1.35インチと細い。また、フレームにはウルトラライト7には無いボトルケージやリアキャリア台座もある。セオサイクルのブログを見ると、シートポストが長く折りたたみ時にサドルが飛び出ている。

大日産業株式会社のモバイルエアー14の情報をご覧いただけます。
超軽量の折り畳み自転車! モバイルバイク エアー のご紹介です。 これはすごいですよ! かわいい!かっこいい!の言葉がよく似合う折り畳み自転車だけではありません。 なんと、本体重量はわずか 7.5kg!! タイヤサイズは14インチ。ギヤはシングル。軽量化を追求してシンプルな仕上がりとなりました。 試...
スポンサーリンク