ヤマハ発動機 PAS CITY-V 2024年モデルを発表 新型の大容量小型バッテリーを搭載

ヤマハ発動機株式会社は1月16日、レトロなデザインと本格的な走行性能を備えた電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス シティ ブイ)」の2024年モデルを発表しました。この新モデルは、2月20日に販売が開始されます。

PAS CITY-Vは、24型のタイヤと内装5段変速機を組み合わせ、登坂時の高回転ペダリングでも快適な乗り心地を提供するアシストフィーリングと、坂道での自動アシスト力調整機能を備える「スマートパワーモード」を搭載しています。これにより、通勤や街乗りにおいて、使いやすく快適な走行性能を実現しています。

2024年モデルでは、さらに使い勝手を向上させるために、コンパクトで新型の大容量バッテリーと充電器を採用しています。新型バッテリーは容量が従来の12.3Ahから15.8Ahにアップし、約30%の容量増加を達成。これにより、より少ない充電で日々の使用が可能になり、ユーザーにとって大きな利便性をもたらします。デザイン面では、直線的なV型フレームや砲弾型バッテリーランプ、レザーテイストのグリップやサドルによるレトロスポーティな外観が特徴です。新色のディープグリーンを含む全3色のカラーバリエーションが提供され、上質で深みのある外観を楽しむことができます。

PAS CITY-Vの価格は156,200円

関連リンク

PAS CITY-V – 電動自転車 | ヤマハ発動機 (yamaha-motor.co.jp)

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img