フランス、自動車からE-Bike(電動アシスト自転車)に買い替えると最大40万円の補助金支給を発表

フランス運輸局は2022年8月16日、自転車購入のための補助金強化を行うと発表した。

これは、エネルギー価格の上昇を背景に、人力自転車や電動式自転車の購入支援を強化し、よりクリーンで経済的な交通手段である自転車の利用を促進するために実施される。

2022年8月12日に公布された政令第2022-1151号は、エコロジーボーナスと自転車取得時のインセンティブの強化について定めている。

出典:https://www.ecologie.gouv.fr/sites/default/files/22146_Infog-AidesAchatVelo_horizontal.pdf

新しい自転車を購入する際のエコロジーボーナス(補助金)は、最大400ユーロ(日本円で約5万4000円)までとなる。

また、カーゴバイク、折りたたみ自転車、障がい者用自転車(電動アシスト付きかどうかにかかわらず)、電動自転車用トレーラーの購入については、ボーナス額が2000ユーロ(日本円で約27万円)に増額される。これらボーナスは、従来は申請者が要件を満たすかどうか判断するため行政側が行う資力調査方式のみだったボーナスも、所得水準に関係なく障がい者の方も対象となった。

そして、環境に悪い自動車の廃車と引き換えに新品または中古のE-Bike(電動アシスト自転車)を購入した場合に支給されるスクラップインセンティブの額が3000ユーロ(日本円で約40万円)に増額された。低排出ガス地区では、同じ自転車について地元の援助を受けている場合に限り、1000ユーロ(約13万円)を上限として追加支給される。

この援助は、互いに、またあらゆる地域の援助と組み合わせることができる。有効期間は2022年8月15日から2022年12月31日までとなっている。

関連リンク

Renforcement des aides nationales à l’achat d’un vélo(自転車購入のための国による支援強化

https://www.ecologie.gouv.fr/renforcement-des-aides-nationales-lachat-dun-velo

関連記事

新着記事

spot_img