ヤマハモーターEU ファットタイヤEバイク「BOOSTER」発表 時速45キロまでアシストする「S-Pedelec」モデルも用意

ヤマハ・モーター・ヨーロッパは5月4日、新型Eバイク「BOOSTER」シリーズを発表しました。BOOSTERは、かつてMBKから登場したスクーターの名前を受け継いだEバイク。MBK BOOSTERはオフロードテイストの50CCスクーター「ヤマハ bw’s50」のMBK生産モデルとして、長年に渡って販売されていました。

画像出典:MBK Booster – Yamaha BW’s(Wikipedia)

2023年に登場したBOOSTERは、FANTIC ISSIMOをベースとしたEバイクに進化。デザインは所々に差異が見られ、モーターはFANTIC ISSIMOが、中国BAFANG製のモーターを搭載していたのに対して、YAMAHA BOOSTERでは、YAMAHA PW-S2モーターを搭載しています。

ラインナップは2種類あり、BOOSTER Easyは最高速度25キロの免許不要のEバイクで、BOOSTERは最高速度45キロのAMライセンスが必要なS-Pedelecとなっています。BOOSTERの日本投入は不明です。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img