英国広告基準局、Eバイクの規制に抵触したとしてCyrusher Outdoor Sporting社のプロモーションを禁止

英国広告基準局(ASA)は2月23日、Cyrusher Outdoor Sporting Ltd.による特定のプロモーションを、Eバイクのモーター規制に違反する疑いがあるとして禁止しました。

ASAは、Cyrusher社のXF900 Cyrusher Motorcycle-Style EbikeとXF650 Cyrusher Affordable Ebikeの広告が、広告のバイクが適合する電動アシスト自転車(EAPC)と同等で、法的要件を満たさずに公道で合法的に使用できるという印象を与えていると判断しました。この広告は、CAPコード(第12版)の規則3.1、3.3(誤解を招く広告)、3.9(資格)、1.3(社会的責任)に違反すると判断されたのです。

DfTのEAPCに関するガイダンスでは、電気モーターの最大連続定格出力は250ワットを超えてはならず、時速15.5マイルに達すると電気アシストを停止しなければならないと規定されています。しかし、広告に掲載された自転車は750Wの出力を持ち、最高速度が15.5mphを超えていたため、適合するEAPCとは異なる法的規制要件の対象となる自動車であると思われます。

Cyrusherは、プロモーションの中でこの法律を認め、英国の法律を遵守するために最大限の努力をしたとの修飾的な文章を提供しました。しかし、広告には、広告のバイクが道路や公共の場で使用されている様々な画像が掲載されており、バイクの法的分類や関連する法律や規制への準拠に関する情報が欠落していました。埋め込まれたYouTubeの動画は、バイクの違法な使用を描写し、そのような行為を暗黙のうちに容認していました。

Cyrusher Outdoor Sporting LtdはASAの問い合わせに応じず、規範を明らかに無視する態度を示しました。その結果、ASAは、同社がCAPコード(第12版)のルール1.7(不合理な遅延)に違反していることも認定しました。同社は、今後の広告が社会的責任を果たすものであり、広告のバイクがEAPCとして使用でき、自動車と同じ法的要件が適用されないことを誤解させるようなものでないことを確認しなければなりません。また、Cyrusherは、将来の広告において、法的要件に関する情報を明確かつ目立つように提示する必要があります。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img