GSジャパンのオリジナルブランド「クロモ」から、カーゴバイクが登場予定

2023年1月24、25日に東京都立産業貿易センター台東館で開催されたサイクルパーツ合同展示会。今回はGSジャパンのブースで展示されていた、クロモブランドのカーゴバイクをピックアップする。

GSジャパンは、「Jeep」や「Volkswagen」、「AVIREX」などのライセンス自転車や、トライアングルフレームが特徴的な折り畳み自転車「STRiDA(ストライダ)」の総輸入代理店。クロモのブランドマークは、大地に恵を与える光輝く太陽や、自転車のスプロケットをイメージしているとのこと。

製品ラインナップは、E-Bike、クロスバイク、折り畳み自転車、キッズバイクの4機種をラインナップしている。

今回、登場予定のカーゴバイクは、スポーツタイプのミニベロをベースにしつつ、積載量を上げたモデルとなっている。但し、上記のモデルは、あくまでもサンプル予定で大幅に変更されるようだ。

具体的にはフロントキャリアは貫通ボルト・ハブ軸固定型でブレーキはVブレーキに、リアキャリアは車体一体式の溶接タイプで、スタンドは両立スタンドを採用。そして、新たにチェーンケースを追加する。

サンプルモデルのスマートな印象から、大幅に変わってしまっているが、積載量を上げるのと両立スタンドを採用するために、こうなったようだ。クロモ・カーゴバイクの予想価格は8万円台。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img