安定性が高く、2輪車のような操縦性を持った次世代の電動アシスト自転車「豊田トライク」のまとめ記事です。予定販売価格は基本モデルで35万円。法人向けが多くカーゴモデルや高齢者向けモデルも販売予定とのこと。

コンセプトモデル登場時の評価

2016年のVelo Tokyoで公開されたToyoda Trike。プロトタイプはサドルと背もたれが一体型になっているなど、市販モデルと違うのがわかる。

2018年埼玉サイクルエキスポでの豊田トライク

2018年時の豊田トライク。さいたまサイクルエキスポで公開されていた豊田トライクは、背もたれとサドルが分離し、リアキャリアが装着されるなど、現行モデルに近い構成。

実際のインプレッション

伊豆下田エリアでは、豊田トライクがシェアサイクルとして乗ることができるので、実際に試乗した。

カーゴバイク、高齢者向け自転車について

商用版の豊田トライク・CARGOと、高齢者向けのプロトタイプについて紹介。

豊田TRIKE|こげば、未来が動き出す。