キャノンデール コンパクトネオ 名車フーリガンをイメージしたミニベロEバイク

2023年1月20日、東京都調布市にある味の素スタジアムで行われた「ワイズロード社員試乗会」。ロードバイクやクロスバイク、Eバイクなどワイズロードで取り扱うブランドを集めて、商品知識を深めるための社内イベントで、様々なブランドが出展していた。今回、ピックアップするのはキャノンデール コンパクトネオだ。

コンパクトネオのデザインは、かつて存在したキャノンデールのミニベロ「フーリガン」をイメージしている。バッテリーは内蔵式で、フレームに備え付けられている充電口から充電を行う方式を採用。ハンドルは見えにくいが、BMX風のアップライトなハンドルを搭載した。

ハンドルステムにはレバーが装着されており、工具なしで簡単にハンドルを横向きにすることができる。ペダルも折りたたみ方式を採用しており、室内保管が簡単にできる工夫がなされている。

モーターはハイエナ製リアインホイールモーターを搭載。ハイエナ製モーターはトレックのEバイク「FX+」や「ドマーネ+AL」にも採用されている。ただ、ハイエナ製モーターはメーカーによってチューニングを独自に行うことができるので、トレックに装着されているハイエナ製モーターとは乗り味は違うようだ。

キャノンデール コンパクトネオの場合は、ちょっと踏んだだけでアシストが作動して進むようなアシスト感となっている。モーターのパワーに関しては、舗装路の走行では必要十分のパワー。ドッカン気味のアシスト感ではないが、できるだけパワーを出すようなアシストチューニングを採用していると感じた。

泥除けや荷台、ヘッドライトなどを標準装備しており、デザインと実用性を両立したい人に向いているだろう。価格は290,000円(税込)。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img