プジョー 3列シート7人乗りMPV「リフターロング」を発売

プジョーブランドを展開するステランティス・ジャパン株式会社は、人気のMPV(多目的車)「リフター」に、SUVのようなスタイリングと走行性能を兼ね備えた3列7人乗り仕様の「リフター ロング」を発売することを発表しました。

リフターは、2020年11月の日本導入以来、SUV風のユニークなデザインと、雪道やぬかるみでも安心感を持たせることができるグリップコントロールシステムで人気を博しているMPV。リフターロングは、リフター本来のデザイン性と走行性能を維持しながら、全長4.7mで3列シートの最大7人乗りを実現していたモデル。さらに、3列目シートを取り外すと最大2,693リットルの大容量のラゲッジスペースを備えています。

リフターロングGTは、リフターの上級グレードである「GT」をベースに、基本的な装備はベース車と同様としたモデルです。プジョーのベストセラーSUVである3008や5008と同じEMP2プラットフォームを採用し、ノーマル、スノー、サンド、マッド、ESC OFFの5つのモードと、トラクションコントロールをベースにプログラミングした最新鋭のシステムであるアドバンスト・グリップ・コントロールを搭載しています。

サイズは全長4,760mm、全幅1,850mm、全高1,900mm、ホイールベース2,975mm。内装材や内装色は、5人乗りの「リフターGT」と同じブラウン系のツートンファブリックを採用。3列目シートは前後にスライド(最大130mm)し、さらに、3列目シートは折りたたみと取り外しが可能で、2列目シートと合わせてフラットにすることで、広い荷室を確保することができます。

エンジンは、ベース車と同じ1.5LクリーンディーゼルエンジンDV5(アイドリングストップ付)と電子制御8速オートマチックトランスミッション「EAT8」を搭載し、低回転から高いトルクを発揮するとともに最新の排気浄化システム(酸化触媒、SCR選択還元触媒、DPFパティキュレートフィルター)により高い環境性能とエコカー減税の対象となるモデルとなっています。

プジョー リフターロングの価格は4,550,000円(税込)です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img