ストライダーカップワールドチャンピオンシップ 2023 大阪で開催決定

ストライダージャパンを運営する株式会社アンパスは、2023年5月27日、28日に「ストライダーカップワールドチャンピオンシップ2023」を開催することを発表しました。

ストライダーは、世界25カ国、300万人以上の子どもたちに使われているランニングバイクです。三輪車やトレーニングホイール付きの自転車とは異なり、STRIDERは子どもが直感的にバランスをとり、自転車をコントロールすることができると謳っています。

ストライダーカップ世界大会は、世界中のストライダーキッズを招待し、年に一度アメリカで開催されてきた世界大会。2011年から始まったこのイベントは、今回初めて日本での開催となり、アメリカ以外での開催となります。

大阪府の万博記念公園に、北米、南米、欧州、アジアからストライダーに乗る約90名の子どもたちが集まります。レースだけでなく、世界中の子どもたちが交流できる様々なコンテンツが用意されています。イベントの詳細や応募方法などは、3月上旬に公開予定です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img