サイクリングでもカメラが楽しめる「サイクリングカメラストラップ」 PORISEから登場

GEEK TRADEは12月21日、同社初のオリジナルブランドPORISE(ポライズ)からサイクリング用カメラストラップが登場したと発表。、2023年1月13日(金)よりクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて先行予約販売をスタートします。

サイクリング中に写真を撮りたいと考える人は多いでしょう。そのような場合でも、サイクリング中の写真撮影にはいくつかの悩みがあります。例えば、ライド中は前傾姿勢になるので、カメラが背中からずり落ちてくることがあります。

また、ふと姿勢を崩した瞬間にカメラやレンズがハンドルやフレームにぶつかることや、ストラップの長さを背中にフィットさせると、撮影しにくくなることも。他にも、ストラップの滑り止めが効きすぎると、シャッターポーズをとるまでがぎこちなくなることもあります。そして、カメラを取り出すのが面倒で、帰宅後に撮影しなかったことを後悔することもあるでしょう。

そんなサイクリング中の写真撮影の悩みを解決するアイテムが、GEEK TRADEのオリジナルブランド「PORISE(ポライズ)」からリリースされる「サイクリングカメラストラップ」。このストラップは、肩がけのメインストラップに加えサブストラップにより3点で固定することで、走行中でもカメラの位置を固定することができます。また、マジックテープによって、ライドのポジションが替わっても簡単に調整ができます。

ストラップ本体は、滑りの良いナイロンを採用しており、ジャージとの摩擦が少なく、スムーズにカメラを構えることができます。さらに、薄手で軽量でかさばらず、耐久性も試験済みであり、洗濯可能で衛生的です。このように、カメラとともに楽しむサイクリングについて考えられているのが特徴です。

クラウドファンディング実施期間は2023年1月13日(金)から、2023年2月15日(水)までを予定しています。

■PORISE(ポライズ)「サイクリングカメラストラップ」商品概要

  • 商品名:PORISE(ポライズ)サイクリングカメラストラップ
  • 素材:ナイロン、本革、プラスチック(留具)、鉄(三脚ネジ)
  • 全長:145cm(サブストラップ:54cm)
  • ストラップ先端幅:10mm
  • *三角リングは付属しません。カメラの種類によっては別途用意が必要な場合もございます。
  • 重量:86g
  • 耐荷重:88kgまで確認済み
  • カラー:ストームグレー(1色のみ)
  • 対象:一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラ、フィルムカメラ
  • 製造:中国
  • 開発・企画:株式会社GEEK TRADE

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img