ヤマハ発動機、欧州市場にてヤマハブランドのE-Bikeを発表 欧州市場初の完成車市場参入

ヤマハ発動機は、欧州市場にてヤマハブランドのE-Bike3台を発表。欧州市場で初めて完成車市場に参入する。

ヤマハ発動機は1993年に世界初の電動アシスト自転車システムを発明したことで知られている。日本市場の場合、モーターの供給からシティサイクルモデルのPASと、スポーツモデルのYPJの2種類の完成車を販売を実施。北米市場ではモーターの供給と日本国内でのYPJシリーズに相当するモデルを販売している。

欧州市場に関しては、今までは他のE-Bikeメーカーにドライブユニットを供給していたが、今回の発表で欧州市場初の完成車販売を行う。

欧州市場で販売するモデルは、マウンテンバイクタイプはフルサスペンションEーMTBの「MORO 07」、グラベルロードタイプ「WABASH」、クロスバイクタイプ「CROSSCORE RC」の3モデル。基本的に車体やモーターなどの部品構成に関しては、日本市場、北米市場と同じで、アシストの法規関連を変更しただけだと思われる。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img