Gic 20インチ軽量折りたたみ電動アシスト自転車「TRANS MOBILLY NEXT206」淡路島縦断チャレンジ動画を公開

ルノー・ライトシリーズや、トランスモバイリーシリーズで有名なジックの公式Youtubeチャンネルで、20インチ軽量折りたたみ電動アシスト自転車「TRANS MOBILLY NEXT206」で淡路島縦断チャレンジ動画が公開されている。

TRANS MOBILLY NEXT206は、最小・最軽量クラスの折りたたみ式電動アシスト自転車「ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY NEXT」シリーズの20インチバージョン。車輪サイズは20インチと、一般的な折りたたみ自転車と同サイズで、乗りやすさを重視し、外装6段変速を搭載することで、ちょっとしたサイクリングにも対応。重量は約13.5キロと軽いのも特徴だ。

出典:Youtube
出典:Youtube

TRANS MOBILLY NEXT206のバッテリーのサイズは小さく、バッテリー容量は24V 5Ah 120wh。航続距離はカタログ値で約30キロ。動画では道の駅「うずしお」から、道の駅「あわじ」までの約60キロ以上ある道をバッテリー1個で走行する。

出典:Youtube

バッテリー容量24V 5Ah 120whで、航続距離約30キロのTRANS MOBILLY NEXT 206で淡路島を縦断するため、動画ではアシストON・OFFを多用してチャレンジしている。

因みに、淡路島をTRANS MOBILLY NEXT206で常時アシストONで移動する場合、バッテリーをもう1つ購入して、車体購入時に付属する充電器を持っていくのが良いだろう。バッテリーの価格は2万3100円(税込、以下同)で、充電時間は4時間。バッテリー2個だと容量120Wh×2の240Wh。動画内で紹介している道の駅「うずしお」から、道の駅「あわじ」までの約60キロは、大きな峠が無いルートを走行しているが、240Whだと今回の淡路島縦断コースではやや物足りない可能性はあるかもしれないが(筆者の感覚だとゆとりを持ってこのコースを走行するのなら300Whは欲しい所)、バッテリー1個の時よりも、アシストOFFでの走行は少なくなるだろう。また、急速充電に対応しているわけではないため、休憩時にこまめに充電するのも1つだ。

TRANS MOBILLY NEXT 206の価格は12万4300円。

E-Bike初心者向け記事を見る

E-Bikeの楽しみ方に関する記事を見る

関連リンク

TRANS MOBILLY NEXT206専用 5.0Ahバッテリー ブラック 小

TRANS MOBILLY NEXT206専用 5.0Ahバッテリー ブラック 小

20,727円(10/02 09:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

新着記事

spot_img