長野県北アルプス乗鞍岳にある「冷泉小屋」リニューアル 登山、サイクリングなどに対応した山遊びのベースキャンプ

REISENは7月1日、長野と岐阜の県境、中部山岳国立公園にそびえる3026mの名峰・乗鞍岳の中腹2100mに「冷泉小屋」を新装オープンすると発表した。

冷泉小屋は1931年創業の山小屋。2006年以降閉鎖していたが、今回「登る人も登らない人も楽しめる場所」をコンセプトに、登山客・サイクリスト・レジャー客に乗鞍岳を楽しめる拠点として生まれ変わった。

冷泉小屋が位置する乗鞍岳は、日本百名山に数えられ、高山植物や360度のパノラマが楽しめる3000m級峰として多くの登山客を惹きつけている名峰。

乗鞍岳頂上付近までは路線バスを利用して簡単にアクセスでき、登山初心者やファミリーも気軽に大自然を楽しめるネイチャースポットで知られている。また、毎年ロードバイクの大会「乗鞍ヒルクライム」が開催されるなど、数多くのサイクリストが訪れるスポーツバイクの聖地として有名だ。

一般路線バス「乗鞍エコーライン」の始点と終点である乗鞍観光センターと乗鞍山頂(畳平)を結ぶシャトルバスのほぼ中央の標高2100mに「冷泉小屋」のバス停があるので、バスに乗るだけで小屋前に到着しますので、登山無しの観光目的でも気軽に小屋に訪れることができる。

改装にあたり、古い小屋の良さを生かしながらアップデート。冷泉小屋では天井を取り除き建築当初の梁を表に出すことで空間を確保。そして、冷泉小屋の最大の魅力ともいえる眺望が楽しめるために、改修時に窓を大きくした。そのため、食卓に座ったまま、ご来光、朝焼け、麓を見下ろす日中のパノラマ、夕焼け、星空を楽しめる。特に秋の行楽シーズンは紅葉がみどころ。登山をする人もしない人も小屋からの木々の彩りを楽しむことが可能だ。

宿泊に関しては、個室が中心で一部でドミトリータイプを用意。また、「山小屋の夜をゆっくり楽しんでほしい」という思いから、消灯時間はない。食事やお酒を楽しんだり、夜更かしをして星空を眺めたり、早く寝て朝焼けを楽しむなど、それぞれのスタイルで山小屋を楽しむことができると謳っている。

そして風呂には、小屋の目の前に湧いている自然の硫黄泉「冷泉」を活かしたお風呂もオープンする。

そして、乗鞍岳に多く訪れるサイクリストの急なトラブルに対応できるよう、リペアに対応した機材を準備。自転車用のラックも設置している。

営業期間は2022年7月1日から10月末の週末を予定。カフェ営業時間は8時から11時(テラス席のみ使用可) 11時から16時(室内飲食可)。宿泊受付は2022年7月22日から。

関連リンク

冷泉小屋 https://reisenhutte.mystrikingly.com

関連記事

新着記事

spot_img