ホテルクリスタルパレス 茨城をサイクリングで楽しむプラン「サイクリスト・リチャージプラン」を販売開始

長寿荘は5月30日、茨城県で同社が運営している「ホテルクリスタルパレス」が、「サイクリストにやさしい宿」の認定を受け、利用者の要望に応えた1泊2食付プランを販売すると発表した。

ホテルクリスタルパレスは、茨城県がサイクリストにとって快適な環境を提供できる宿泊施設を認定する「サイクリストにやさしい宿」の認定書を受け、自転車の保管・工具の貸し出し・洗車場などサイクリストに嬉しいサービスをセットにした「サイクリスト・リチャージプラン」を販売する。

ホテルクリスタルパレスは県が定める4つのサイクリングルートの中で、小美玉市にある茨城空港から茨城町、水戸市、ひたちなか市、大洗町、東海村を経て日立市に向かう約95キロのルート「大洗・ひたち海浜シーサイドルート」の認定施設。

サイクリスト・リチャージプランは、出発時にミネラルウォーターと補給食のプレゼント、部屋への自転車持込OK、大浴場の延長開放(15時から25時)、駐輪場及び空気入れ、メンテナンス用工具箱完備、洗車スペース及びブラシ完備、県産品を使った専用ヘルシーメニューの夕食を用意している。

夕食には県産グリーンリーフ&押し麦と季節野菜のヘルシーサラダ 粒マスタードハニードレッシング、和風だし仕立て県産ゴボウのスープ、白身魚のクリスピー焼き 特製タルタルソース、つくば鶏のカプレーゼ風、県産焼き芋と干し芋の特製デザートなどを用意(仕入れ状況で内容が変更になる場合もある)。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img