中国・BAFANG 仮想現実上での会社見学が可能に 中国有数の電動アシスト自転車モーター製造会社の内部が閲覧可能

BAFANGは2022年6月24日、BAFANG本社のVR会社見学が可能になったと発表した。

出典:https://fbbginn1d.wasee.com/wt/fbbginn1d 以下同

Bafangは、2003年から電気自動車用のコンポーネントとシステムを開発し、eモビリティコンポーネントと、eドライブシステムの主要メーカーの1つ。同社は上海証券取引所に上場し、個人向けE-Bike、Eスクーター、公共自転車共有システムなど、多様なグローバルe-モビリティ・トレンドに焦点を当てている。

Bafangの本社、開発および生産センターは、中国・上海の近郊にある蘇州にあり、オランダ、米国、ドイツ、デンマーク、フランス、イタリア、台湾/中国などに販売・サービスセンターを置いている。また、ポーランドに新しくオープンした工場では、ヨーロッパ市場向けのミッドモーターシステムの生産に注力している。

今回登場したVR会社見学では、様々な場所を見ることが可能。展示ホールでは、内部を見ることができるだけでなく、展示ホールにある動画を見ることが可能だ。

展示ホールだけでなく、セールス・マーケティングセンターやテクニカルセンター、会議室も見ることができる。特にテクニカルセンターでは、デザインスケッチやアシストのプログラミングなど、通常は見られない所も閲覧できる。

そして、生産棟ではモーター、HMI、バッテリーの生産現場を見ることが可能。他にもラボやテストトラックも閲覧できる。BAFANGモーターを搭載したE-Bikeは日本国内でも販売されているが、一般ユーザーには実態があまり掴めていない印象があった。BAFANGの評価は、ドライブユニットサプライヤーや自転車製造業者の評価が様々で、BAFANGとの関係が無い人、関係が離れている人からは評価はあまり高くなく、BAFANGとの関係がある人、BAFANGとの関係は無いが中国系サプライヤーと取引を持つ人からは高い評価を得ている。VR会社見学を行った限りでは、高い評価を得ているのもわかるだろう。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img