リソルの森、サイクリスト仕様のログコテージ「サイクルコテージ」が誕生

- Advertisement -

Sport & Do Resort リソルの森は10月1日、同施設を中心とした千葉県長柄町エリアのグランヴォー コミュニケーション ヴィレッジ内ログコテージのうち2棟をサイクリスト仕様にリニューアル。定員4名の「サイクルコテージ」として宿泊予約の販売を開始した。

リソルの森のある千葉県の長柄町では、起伏の激しさや豊かな自然などを目当てに、初心者から上級者まで、多くのサイクリング愛好家が訪れていることで知られている。

リソルの森は、E-Bikeの貸出サービス「RESOL NO MORI CYCLING」の提供や、千葉県長柄町協力のもとオリジナル周遊マップ「RESOL NO MORI CYCLING MAP」の作成など、サイクリングによる観光活性化を実施。今回、新たにサイクリストの要望を詰め込んだ宿泊施設として、ログコテージタイプの「サイクルコテージ」を販売した。

サイクルコテージは自転車を使用する前提で作られたコテージで、部屋の中には、サイクルラックを完備し自転車を室内に持ち込むことで、盗難などの心配が無いのが特徴。また、外にもサイクルラックを設置し、昼食などのちょっとした移動の際に、外に自転車をかけて外出することも可能。コテージ内には、メンテンナンスキットや洗浄用具、空気入れを完備。愛車のメンテナンスや急な故障などにも対応できると謳っている。

また、宿泊者には、サイクリングした後のウェアの洗濯ができるようにランドリーサービスを用意。他にも、自転車専門雑誌やサイクリングを題材にした漫画もあり、スマートフォンなどの動画をテレビに投影できる環境も用意した。他にも、サイクルコテージを予約した人には、キッチンセットをあらかじめ用意。部屋で料理をすることができ、朝早く出発したいサイクリストの需要にも対応している。

他にもサイクルコテージ宿泊者は、メディカルトレーニングセンターも利用できる。センター内には最先端のトレーニングマシンも用意しトレーニング可能。また、部屋でマッサージを受けられるサービスを特別料金で用意したり、温浴施設「長柄カルナの湯」も利用できるので、サイクリング後の疲労回復もできる。

「サイクルコテージ」の料金は、2名1室利用時で1泊夕食付きで1人2万8490円から。朝食の有無は、予約時に選ぶことができる。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連