カワサキ 電動3輪ビークル「ノスリス」の事業化を決定 2023年春より国内販売を開始

カワサキモータースジャパンは5月18日、カワサキモータースの電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」プロジェクトの事業化を発表。国内の販売・サービスネットワークを活用し2023年春より販売を行う。

今回、事業化する電動3輪ビークル「noslisu」は、川崎重工の社内公募制度「ビジネスアイデアチャレンジ」で選定された商品で、社会のより多くの人々に対し安全・快適・気軽に移動できるモビリティを提供し、その豊かな生活に貢献したいという思いから開発が始まったモビリティ。公共交通機関でのアクセスが容易ではない地域での移動や、宅配事業者、高齢者の移動手段の確保など多様なニーズに応えるために、電動アシスト自転車仕様とフル電動仕様の2つの走行タイプを用意している。

2021年5月から開始された、事業化前のクラウドファンディングでは、電動アシスト自転車仕様50台、フル電動仕様50台が限定販売され、即日完売した。

車体は、3輪ならではの安定性とモーターサイクル事業で培ったモビリティ開発技術を生かした高い操縦性を実現する独自のリーニング機構(特許取得済)を採用し、転倒リスクの低いスムーズで安定した走行が可能。また、空車/乗車いずれの状態でも自立するため駐車時に車体を立てる操作が不要となっている。

また、フロントの2車輪間の低い位置に大容量荷物搭載スペースを確保することで、荷物を積載しても低重心で安全に走行できる。

電動アシスト自転車仕様
フル電動仕様

電動アシスト自転車仕様は​インホイールモーターを採用した電動アシスト3輪自転車で、運転免許は不要。フル電動仕様は、ハンドル右のスロットルレバーでスピードを操作する電動3輪ビークル。道路交通法では自動車扱いで、道路運送車両法上では第一種原動機付自転車扱いとなる、ミニカー登録モデルで普通自動車免許が必要となる。

販売やサービスネットワークは、カワサキモータースジャパンの販売・サービスネットワークを活用する。正式名称、製品詳細、発売時期、販売価格、販売方法、販売店などの詳細は、決定次第改めて案内するとのこと。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img