OGK サイクルトレーラーに取付可能な「Camilyトートバッグ」発売

自転車用チャイルドシートの国内シェア6割を超えるオージーケーは2月17日、子ども乗せ自転車でもけん引できるサイクルトレーラー「Camily(キャミリー)」に取り付け可能な「Camilyトートバッグ」を、オンラインストアと全国の取扱店で発売する。

毎日の買い物やお出かけに活躍する容量約35Lのトートバッグをサイクルトレーラーに簡単にセットでき、荷物をハンドルにかけることなく、より安全で快適な自転車移動を実現します。

通園や買い物、外遊び時など、自転車に子どもを乗せながら大荷物になってしまう機会は多く、そんな危なっかしい場面をなんとかしたいと、2021年9月にキャミリーを発売したオージーケー。同時に、まとめ買いやアウトドアに最適な容量約95Lのコンテナバッグを発売していたが、「毎日の買い物やお出かけにちょうどいい、もう少し小さいサイズがほしい」というユーザーの声に応えて当製品を開発した。

Camilyトートバッグは、容量約35リットルで毎日の買い物に最適なサイズとシンプルなデザイン、使いやすさにこだわったのが特徴。バッグ上部は大きく開き、荷物の出し入れがしやすく、荷物の量に応じて調節できるロールトップタイプとなっている。アウトドア用品にも使用される防水仕様のターポリン素材で、急な雨からも荷物を守る。また、買い物やお出かけ中は肩にかけて持ち運びしやすく、トレーラーにも簡単にセットすることが可能だ。カラーはブラック、グレー。重量は約580グラム。容量約35リットル。サイズは幅350mm×高さ560mm×マチ240mmで、価格は6600円(税込)。

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事