日本コンピュータ・ダイナミクス バイクパワートレーナー「Xplova NOZA one」発売

日本コンピュータ・ダイナミクスは12月10日、販売代理店契約を締結している台湾のパソコンメーカーAcerの子会社Acer Gadgetが開発した、室内サイクリングを楽しむバイクパワートレーナー「Xplova NOZA one(エクスプローバ ノザ ワン)」を販売した。

「NOZA one」は、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車の後輪を外してセットし、パソコンやタブレットなどを通じて、世界中のサイクリストに人気のバーチャルサイクリングアプリ「Zwift(ズイフト)」や「ROUVY(ルービー)」と連携させ、室内でも自転車のフィットネスライドが楽しめるローラー台。

これまでアプリを本格的に楽しむには、スマートトレーナーなどの高価な機器が必要だったが、「NOZA one」は、坂の勾配で自動負荷が掛からないなど、スマートトレーナーの機能を一部制限をすることで、お求めやすい価格を実現した新しいジャンルのバイクパワートレーナー。

スマートトレーナーは坂の勾配を自動的に再現できるところが魅力だが、ファンライドを楽しむ方には負荷が重すぎるため、コースを楽しめないなどの意見があり、どなたでも、楽しく、フィットネス感覚でアプリ内を走行できるローラー台を開発したとのこと。価格は5万9400円(税込)。スペックは以下の通り。

寸法(設置時)      600 × 490 × 450 mm

総重量(開梱時)     12.5Kg

フライホイールの重量         5.3 Kg

騒音レベル        58 dB(30Km/h)

最大出力         800W(58Km/h)

最大シミュレーション傾斜 2%

精度           ±3.0%

自転車との互換性     ロード:650c、700c マウンテン:24″、26″

梱包寸法         700 × 485 × 270 mm

ファームウェア      アップグレード可能

接続性              Bluetooth , ANT+

ドライブトレイン     別途カセットを購入し、設置する必要があります

シマノ/SRAM 8・9・10・11速で使用可能

※本体のフリーボディ―はシマノ/SRAMのロード11s用となります

電源               単4乾電池2本(別売り)

電池稼働時間         約360時間

製品内容         リアレッグ、ナット(x2)、ボルト(x2)、

フロントレッグ(ボルトおよびナットが含む)、

フライホイール/カセットカバーボルト(x2)、

コントロールモジュールネジ(x2)、

装飾ボルトカバー(x2)、ソケットレンチ、

フライホイール/カセットカバーボルトレンチ

(2mm 6角)、フライホイールカセット/ワッシャー、

フライホイール/カセットカバー、

クイックリリースキット、コントロールモジュール、

クイックリリース用アダプター、

スルーアクスル用アダプター

対応オンラインサービス  Zwift、ROUVY 、TrainerRoadなど

独自アプリ        NOZA oneもNOZA Sと同様にXplovaが独自開発したアプリ「Workout Plus」を利用することが可能です

※本商品は、坂の勾配で自動負荷が掛からないため、アプリ上で開催されるレースへの出場は推奨しません

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事