Benelliから折り畳み電動アシスト自転車「miniFold16 DIRT」発表 ブロックタイヤを装着したアウトドア系E-Bike

- Advertisement -

プロトは10月26日、同社が取り扱っているE-Bikeブランド「Benelli」から、折り畳みE-Bike「miniFold16 DIRT」を、2021年12月に発売すると発表した。

miniFoldシリーズは、Benelliの折り畳みE-Bike。メインフレームを折り畳むのではなく、リアスイングアームとハンドルポストを折り畳む方法を採用。価格も10万円台前半から購入できるPopularシリーズなどを用意しており、お手頃価格で乗れるモデルを用意している。

今回登場した、miniFold16 DIRTはフロント、リアにサスペンションとブロックタイヤを装備したモデル。本格的なオフロード走行を行うのではなく、あくまでもスタイルを楽しむモデルとして見るのがベストだろう。miniFold16シリーズで唯一、サスペンションが装備されているので乗り心地を重視している人も選択肢に入るだろう。

カラーは、デジタルカモフラージュ、マットブラック、ミリタリーグリーンの3色。フレームサイズは、1410×570ミリ。車両重量は19.5キロ。適応身長は155センチメートルから。タイヤサイズは16×2.25インチ。アシストレベルは4段階。変速は内装3段。メーカー希望小売価格は、19万4700円(税込)。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連