クラシックなスタイルを実現したLEDライト「KiLEY」とは

- Advertisement -

2021年10月13日から14日に、TRC東京流通センターで行われた「CYCLEFES TOKYO 2021」。数ある出展者の中でも、気になるブランドをピックアップする。

今回、紹介するのはGEEK TRADEが国内代理店となっている自転車用アクセサリーブランド「KiLEY」を紹介する。

KiLEYは台湾にある自転車用アクセサリーブランド。ブランドの名前は、日本語の綺麗から取られており、クラシックなスタイルのアクセサリーを多数展開している。

KiLEYの中でも有名なのが、LEDヘッドライト、テールライトだろう。一般的な自転車用LEDヘッドライトやテールライトは、現代的なデザインを採用しているため、スチールフレームのクラシックなデザインの自転車には合わないことが多い。

 

View this post on Instagram

 

KiLEY JAPAN OFFCIAL(@kiley.jp)がシェアした投稿

KiLEYの自転車用ライトは、かつてのビンテージライトから影響を受けているのが特徴だ。その中でも有名なのがビンテージヘッドライトV2。このライトは、かつてのランドナーやスポルティーフに使われていたような乾電池式ライトを小型化した充電式LEDライト。単純にかつてのビンテージライトを現代の技術で復刻したのではなく、コンパクトにすることで、折り畳み自転車などに対応した。充電時間は約11時間で、連続点灯時間は、フロント約11時間、リアは約86時間、フロントライトは最大300ルーメン。価格は8980円(税込、以下同)。

 

View this post on Instagram

 

KiLEY JAPAN OFFCIAL(@kiley.jp)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

KiLEY JAPAN OFFCIAL(@kiley.jp)がシェアした投稿

アイライトは、クラシックなデザインながら、コンパクトにまとめているのが特徴。フォークのダボ穴やブレーキシュー付近に装着することができ、幅広い装着方法がある。アイライトにはクイックリリースに装着できるタイプも用意されている。充電時間は約2時間で、連続点灯時間は、フロント約4時間、リアは約8時間、フロントライトは最大300ルーメン。価格は3680円。

関連リンク

KiLEY:https://kiley-japan.com

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連