ホダカ展示会 KhodaaBloom 2022年モデル編 GRX搭載クロスバイク「RAIL DISC GRX」などが登場

- Advertisement -

ロードバイクを中心に有名な「Khodaa-Bloom」や、グラベルロード、マウンテンバイクで有名な「NESTO」で知られているホダカが、Khodaa-Bloom、NESTOプレミアムモデル、P&P COMPONENTSの展示会を開催。今回はKhodaaBloomの中でも注目のモデルを紹介する。

RAIL DISC GRX

KhodaaBloomのクロスバイク「RAILシリーズ」の中でも、新たなフラグシップモデルとして登場したのがRAIL DISC GRX。メインコンポーネントにグラベルロードバイクに使われている「シマノ・GRX」を採用。

コンポーネントはグラベルロードバイク用だが、タイヤはコンチネンタル製のオンロードタイヤを搭載するなど、快速系クロスバイクの部品構成となっている。ギアは前40tのシングルで、後ろがSHIMANO CS-HG50-10 10S 11-36T。価格は11万9000円(税込)。

RAIL sakura

RAILシリーズの中でも、異色のカラーを採用しているのがRAIL sakura。多様性が注目されている現代で、注目して作られたクロスバイク。

独特のグラデーションを採用したロゴやサドルは、RAIL sakura専用となる。サドルに関しては2022年1月に販売予定とのこと。ギアは前38tのシングルで、後ろがSHIMANO CS-HG50-10 10S 11-42Tで、フロントシングルながら低めのギア比にすることで乗りやすさを重視している。価格は7万7777円(税込)。

tanken

ロードバイクやクロスバイクといったオンロードバイクを中心に取り扱っているKhodaaBloomの中でもジュニアMTBスタイルなのがtanken。MTBスタイルのジュニアスポーツバイクといえば、NESTOからX-VALLEY KIDがあるが、tankenはスリックタイヤを装着し、20インチ、22インチの2モデル構成となっている。価格は20インチが4万8400円で22インチが5万600円(いずれも税込)。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連