ハーレーのE-Bikeブランド「Serial1」チョッパースタイルのカスタムE-Bike「MOSH/CHOPPER」発表 オークション形式で販売

- Advertisement -

Serial 1 Cycle Companyは8月7日、チョッパースタイルのカスタムE-Bike「MOSH/CHOPPER」を発表した。

(出典:https://www.serial1.com/product/mosh-chopper、以下同)

Serial 1はハーレーダビッドソンの最も古いモーターサイクルの愛称である「Serial Number One」にちなんで名づけられたE-Bike。

このE-Bikeは、ハーレーダビッドソンの製品開発センターにあるスカンクワークスとして生まれたE-Bikeプロジェクト。かつて、ハーレーダビッドソンはミラノで開催された「EICMA 2019 ミラノモーターサイクルショー」にE-Bikeを出展していた。

MOSH/CHOPPERは、60年代のウイリーバイクのシルエットに、サイケデリックなペイントを施し、チョッパースタイルに仕上げた、シリアルワンの1-OFFカスタムシリーズの第一弾。オークションは8月10日(火)午後5時に終了し、最高額で落札した人に、世界に1台だけのE-Bikeが授与される。

MOSH/CHOPPERは、Serial1が考案し、ミルウォーキーのJR’s Fabrication and WeldingでチョッパービルダーのWarren Heir, Jr.とKendall Lutchmanが製作した。Gates社製カーボンドライブベルト、Brose社製ミッドマウントモーター、TRP社製油圧ディスクブレーキ、内部に配線されたケーブルやワイヤー、内蔵ライトなどMOSH/CTYの特徴と機能性を維持しながら、ステンレススチール製のカスタムシッシーバーに支えられたロング&ローのバナナシート、ハイライズハンドルバー、シルバーマイクロフレークのベースコートにHouse of Kolorのオリエンタルブルーカンディを塗布した、60年代スタイルの “Street Freak “ペイントに、フリークドロップ、ハンドピンストライピング、一筆書きのハンドレタリングなどの仕上げを施している。

このカスタムE-Bikeは、オークション形式で1名に販売される。また、8月10日(火)まで開催されるスタージス・モーターサイクル・ラリーで展示される。

関連記事

電子制御CVTも搭載したハーレーのE-Bike「Serial 1 E-Bike」【海外E-Bikeニュース】

ハーレーのE-Bike部門「Serial 1 Cycle Company」設立 E-Bikeの写真を公開【海外E-Bikeニュース】

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連