ワイルドな自転車用フロントバッグ グラベルキングSKを使用したフロントバッグをチェック

- Advertisement -

2021年7月24日、7月25日に開催されているCYCLE MODE RIDE OSAKA 2021。今回はPanaracerのグラベルタイヤ「Gravel King SK」の規格外タイヤを使用したフロントバッグを紹介する。

このフロントバッグは、スペイン・ジローナのBUCK!Tと協業を結んだコラボバッグ。BUCK!T(ブキット)は2012年に、元建築家のクレイグが、デザインとサスティナビリティへの情熱と、サイクリングへの愛情が結びついて誕生した自転車用アクセサリーブランド。パナレーサーは規格外となったタイヤを提供を行い、BUCK!Tは機能的なサイクリングバッグに仕上げた。

CYCLEMODE RIDE OSAKAで展示されていたフロントバッグは、限定カラーを使用したフロントバッグ。通常カラーのブラックや、ブラックとブラウンサイドの組み合わせのフロントバッグと比較すると、派手なデザインとなっている。

フロントバッグの左右にはゴム素材を使ったポケットがある。ちょっとしたモノを入れるのが良いだろう。

フロントバッグ内部はパナレーサーのコーポレートカラーの紫色の生地を採用。パナレーサーらしさを出しているだけでなく、バッグ内部が明るくなるのも良いだろう。

今回紹介したフロントバッグは、かつての限定カラーのグラベルキングSKを使用したタイヤで、執筆時点では販売されるかは不明。販売予定のハンドルバーバッグは、カラーは黒、ブラウンの2色で容量は1.9リットル。仕様は止水ジップ、サイドポケット、バンド2本。予定価格は1万6000円(税込)。

PanaracerとBUCK!Tがコラボレーションした自転車用バッグが登場 グラベルキングを活用したワイルドなバッグ

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連