BESVが折りたたみE-Bike「PSF1」のサービスキャンペーンを実施 対象パーツの無償提供や装着を行う

- Advertisement -

BESV JAPANは7月13日、同社の折りたたみタイプのE-Bike「PSF1」のサービスキャンペーンを発表した。

BESV・PSシリーズは、フレームとバッテリーのデザインを一体にした小径タイプのE-Bike。日本ではカーボンフレームの「PS1」とアルミフレームの「PSA1」、折りたたみ仕様の「PSF1」に3モデルが用意されている。

出典:besv.jp、以下同
出典:BESV JAPAN

PSF1は、発売以降いくつかパーツの追加/変更を行っている。現在、PSF1を利用中のユーザーで、対象パーツ装着の不足/破損/紛失している場合、無償提供を行うサービスキャンペーンを実施している。

今回のサービスキャンペーンは、主に4箇所のパーツの追加、変更などを実施。

フロントフォークロックのヒンジレバーをロックし、ロック忘れ防止パーツを回すようになっている。これにより、ヒンジレバーのロック忘れを防止する。折り畳み動作に1ステップを追加することで、ロック忘れやロック不足への注意喚起を行う。

折り畳み時に前輪を固定する台座については、当初のモデルではディレーラーにU字フックを取り付けていたが、取付位置/仕様を変更。現在は、リアエンドに折り畳み式のフックを取り付けて、強度を改善している。

ディスプレイホルダー及びディスプレイ側面の樹脂パーツは材質を変更し、強度を改善。ホルダーの破損等が発生しているユーザーには無償で対象パーツを提供する。対象パーツはホルダーのみか、ディスプレイ+ホルダーとなる。

新車購入時同梱品のベルトは、折り畳みでの輪行など、持ち運び時に後輪荷重を分散させるためのベルトで、使用せずに、長時間使用をすると、ロックピンの破損や曲がりにつながる可能性がある。そのため、ベルトが無い場合やロックピンが曲がっている場合、部品の提供を行う。

今回のサービスキャンペーンに関しては、フレームナンバーを確認の上、support@besv.jpまでメールするか、購入した販売店様に相談する必要がある。パーツの交換に伴う作業工賃は不要。

関連リンク

 

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連