自転車NAVITIME、「サイクルベースあさひ」「ワイズロード」など自転車チェーン店と連携 クーポンなどの新機能も搭載

- Advertisement -

ナビタイムジャパンは7月1日、自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」の自転車店情報で、「サイクルベースあさひ」、「ワイズロード」、「ダイワサイクル」、「サイクルオリンピック」、「シナネンサイクル」と連携した情報提供を開始する。

自転車NAVITIMEは、自転車に特化したナビゲーションアプリ。「大通り優先」「坂道優先」などの全7種類のルート検索や、走行ルート、距離、消費カロリーの記録などのサイクリングで扱いやすい機能が搭載されている。独自収集によりサイクリストに便利な全国のサイクリングステーションや、自転車店などの情報を掲載している一方で、営業時間や定休日、駐車場の有無・台数といった詳細情報については、一部店舗で掲載していない場合があった。

今回、コロナ禍で自転車の利用が増え、緊急事態宣言等発令により営業時間等が変更されている中、自転車店を運営する各社と連携し、情報拡充を行った。また、自転車店の公式データを掲載することで、より鮮度の高い情報を提供することができるようになったとのこと。

そして、情報拡充にあわせて、クーポン機能、営業時間を考慮したルート検索、自転車店のアイコン表示の3つの機能を搭載した。

クーポン機能は、自転車NAVITIMEの有料ユーザー向けに、自転車店で利用できる割引クーポンの提供を行う機能。クーポン画面を提示することにより利用することができる。第一弾では「ダイワサイクル」の全国84店舗で使用可能なクーポンで、電動自転車購入時に使用可能な5000円(税込)クーポン、一般自転車購入時に使用可能な1000円(税込)クーポン、自転車車体の「自転車安全チェック」の無料クーポンの3種。クーポンの利用期間は2021年7月1日(木)から10月31日(日)までを予定している。

営業時間を考慮したルート検索は、ルート検索機能をアップデートし、ルート検索時に営業時間も考慮できるようになる。営業時間外の時刻に到着しそうな場合は画面上に注意喚起の文言を表示を行う。

自転車店のアイコン表示では、各店舗の情報はスポット検索画面や地図画面上に表示されるブランドごとのアイコンをタップすることで確認できる。走行中にパンクした際に、近くにある自転車店を地図上のアイコンを見ながら直感的に探すことが可能となる。また、アイコンの表示は選ぶことも可能だ。

営業時間を考慮したルート検索と自転車店のアイコン表示は、iOSにて先行対応しAndroid OSにも順次対応する予定。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連