世界市場を目指す日本のカーゴバイクタイプのE-Bike「T-TRIKE シンクロカーゴ」

- Advertisement -

独自のシンクロシステムを採用した3輪電動アシスト自転車で有名なT-TRIKE(旧名 豊田トライク)。そんなT-TRIKEの中でも、一際目立つのが4輪カーゴバイクタイプのE-Bike「シンクロカーゴ」だ。

佐川急便でも使われていることで有名なシンクロカーゴで注目すべきところは最大積載重量。シンクロカーゴの最大積載重量はなんと150キロと非常に沢山の荷物を積むことが可能だちなみに、子供乗せが装着できる一般的な自転車の最大積載重量は25キロで、ホンダのスーパーカブ50が30キロ。T-TRIKE SYCHRO CARGOは、スーパーカブの5倍の荷物を積むことが可能だ。

なぜ、自転車なのに、それだけの荷物を積む必要があるのかと言うと、都市部での配送業務に関連している。都市部では自動車免許を持っていない人が増加しており、配送業務に問題が出てきた。そこで、一般的な電動アシスト自転車にリアカーを装着して配送業務を行う事例が増えているが、リアカーの挙動に慣れず、事故が少なからずあるとのこと。そこでリアカーを使わない専用のカーゴバイクが登場したとのことだ。

フロントには、T-TRIKEの売りであるシンクロシステムを搭載。シンクロカーゴは他では見かけない4輪仕様のカーゴバイクなので、どのような挙動なのか気になるところ。

ドライブユニットはシマノ・STEPS E5080を搭載。STEPS E5080は定格出力250W、最大トルク40Nmを発揮する。

T-TRIKEは、かつて定格出力240W、最大トルク推定100Nmを発生するヤマハ・PASユニットを搭載した「シンクロオメガシリーズ」を展開していた。なぜ、商用仕様のシンクロカーゴにシマノ・STEPSを採用したのか尋ねると、ヤマハ・PASユニットは、日本国内でしか展開できないため、世界的に販売できるようにシマノ・STEPSユニットを搭載したとのことだ。ちなみに海外では、シマノ・STEPSユニットのカーゴバイク用ユニット(EP8CARGO、E6100CARGO)が展開されている。

車体後方は、台車を載せることが可能。車体サイズは一般的な自転車と比較すると非常に大きく感じる。

T-TRIKE シンクロカーゴは、佐川急便で運用されていることで知られているが、他の事業者からも注目されているとのこと。また、海外市場に展開できるシマノ・STEPSユニットを搭載しているので、海外市場にも力を入れていく予定とのことだ。

関連リンク

 

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連