サポートカー付きの贅沢な1泊2日の自転車旅「瀬戸内・三豊グランクリングツアー」販売開始

- Advertisement -

琴平バスは4月21日、年齢・⾃転⾞スキルレベルを問わないサイクリングツアー「瀬戸内・三豊グランクリングツアー」の販売を開始した。

このサイクリングツアーは、高松空港の事業運営にも参画しているパシフィックコンサルタンツが企画し、琴平バスをはじめとした空港会社、地元行政、地元民間企業等の地元企業と連携して作成したサイクリングツアー。

グランクリンクは「ワンランク上の自転車旅行」をコンセプトとした、グラマラスなサイクリングとのこと。香川県内では高松空港を中心に、主要駅からサイクリングをする三豊市まで、プレミアムなサポートカーで送迎を行う。

サイクリング中は、サポートカーが併走し手荷物の搬送や自転車のトラブルなど万一に備える。また、地元を知り尽くしたガイドが隠れた穴場などを案内し、”安心、快適で地域の魅力を存分に楽しめる旅を提供する”とのこと。

サイクリングは手厚いサポートにより、技術や体力に自信がない初心者の方も参加できると謳っている。全くの初心者でも始められるように、最初に地元プロレーサーによる操作や安全走行レクチャーを実施し、地域を知り尽くした地元ライダーによる先導と、観光案内を提供する。

また、サポートカーが併走するため、コース途中で参加者が体力を消耗した場合、突然の天候不良が起きた時に、その場で乗車できるため、安心してサイクリングを楽しめる。ロードバイクを所有していない場合でもレンタサイクルを用意しているため、気軽に参加可能だ。

サイクリングは1泊2日のうち、1日間か2日間の選択ができる。コース例としては、浦島伝説が残る、荘内半島の海岸沿いをサイクリングし、東側と西側で印象が違う瀬戸内海を眺めながらの、アップダウンがある走りごたえあるコースがある「荘内半島コース」。香川ならではのおにぎり山や穏やかな田園風景を眺めながらのサイクリングが楽しめ、滝や国宝のお寺、銭形砂絵などに立ち寄る「観音寺コース」がある。

第一弾は、三豊エリアが対象となるが、今後香川県内の他エリアでの展開を順次予定。今後、インバウンド旅行者にも楽しめるように受け入れ環境の準備も進めていく。

旅行代金は4名申込時で1人あたり2万7900円から(宿泊代・食事代別、小人同額)。集合・解散場所は、高松空港、高松駅、坂出駅、宇多津駅、琴平(KOTOHIRA TRIP BASE Kotori)で。添乗員は同行せず、サポートカードライバー及びサイクリングガイドが案内する。最小催行人数は2名。申込み方法は専用Webサイトから。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連