自転車やアウトドアでも使える「電動空気入れポンプ(RLC-AP2200)」が登場

- Advertisement -

TOHOは3月22日、自宅や外でも使える「電動空気入れポンプ(RLC-AP2200)」を2021年4月に販売開始すると発表した。

「電動空気入れポンプ(RLC-AP2200)」は、クラウドファンディング Makuake(マクアケ)に掲載したところ、1197人のサポーターに支持された電動空気入れで、ボタン1つで空気を入れることができる。

最大充填気圧は965kpa(140PSI)でロードバイクやマウンテンバイク、自動車、バイク等、多くの場面で使用可能とのこと。

また、適正空気圧指定&自動充填停止機能もあり、タイヤに記載されている目安の空気圧を設定し、設定した値に達した時点で自動停止する。本体にはライトも装備しており、暗い中でも空気が入れやすくしている。

付属のアタッチメントは「英式用アタッチメント、仏式用アタッチメント、ボール用アタッチメント、浮き輪用アタッチメント」の4種類。自転車や自動車、オートバイ、バスケットボール・サッカーボール・バレーボール、浮き輪やビーチボール、エアーベッドなど様々なものに使用できる。価格は5480円。

■製品仕様

品名     :電動空気入れポンプ

型番     :RLC-AP2200

電源     :入力 5V/2A

消費電力   :18W

内蔵バッテリー:リチウムイオン充電池 11.1V 2,200mAh

充電時間   :4~5時間

所要時間   :シティサイクル:約1分、マウンテンバイク:約2分、

自動車タイヤ:約10分(215/60/R17)

最大設定気圧 :965kpa(140PSI)

重量     :約450g(本体のみ)

本体サイズ  :約247(幅)×56(奥行)×47(高さ)mm

付属品    :エアホース×1、アタッチメント×各1個(英式バルブ、

仏式バルブ、浮き輪用、ボール用)、予備パッキン×2、

USBケーブル(マイクロUSBタイプB)×1、取扱説明書

関連リンク

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連