Blubrake、世界初のカーゴバイクタイプのE-BIKE用ABSを発表【海外E-Bikeニュース】

- Advertisement -

Blubrakeは3月17日(現地時間)、カーゴバイクタイプのE-Bike用ABSを発表した。

Blubrakeは軽量電動車のブレーキとセンシングアプリケーションに特化した先進的なメカトロニクスシステムを開発・製造するリーディングカンパニー。

海外では近年、カーゴバイクタイプのE-Bike(以下、E-カーゴバイク)が街中で多くのスペースを占めるようになり、将来のアーバンモビリティの基本的な役割を担う運命にあることが明らかになっている。家庭用であれ、配達用であれ、e-Cargo Bikeは特に北欧で非常に広く普及しており、City Changer Cargo Bike Projectの市場データによると、2020年の販売台数が53%増加するという強い成長傾向を示しており、e-Cargo Bikeはアーバンモビリティ革命とラストマイル・ロジスティクスの主要な推進力の一つとなっている。

Blubrake曰く、E-カーゴバイクの急速な普及に伴い、操縦性の向上と安全性の向上が強く求められるようになったとのこと。E-カーゴバイクは、重い荷物を積んで高速で走ることを前提に設計されており、その構造や機能上、ブレーキが最も重要なテーマとなっている。特にカーゴボックスが空の状態では、急ブレーキや急発進は車体の不安定さや横滑りを引き起こし、車体のコントロールを失う。

Blubrakeは、グリップ力の低い路面や悪天候でも、より高い安全性を確保する必要性に基づき、E-カーゴバイク専用に設計された最初で唯一のABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を開発した。

「”ブレーキステージ “は、これらの車両にとって特に重要です。 E-Cargo Bikeは通常のE-Bikeよりも重く、スピードも速いため、特にカーゴボックスが空の時は不安定になりがちです。ABSは、前輪のロックを防ぎ、横滑りを回避することで、車両の安定性を高めます」と、Blubrakeの創設者兼ゼネラルマネージャーのFabio Todeschiniは述べている。「我々のワーキンググループは、安全性と信頼性のニーズを満たすことができる、市場ではユニークなソリューションの開発に成功しました」。

市場に出回るすべてのE-カーゴバイクの安全基準となることを目指しているBlubrakeのABSシステムは、3つの重要な要素で構成されている。センサーが前輪(E-カーゴバイクのモデルによっては車輪)の速度を測定し、すべての情報を電子ユニットに送信する。電子ユニットは、速度センサーとフレーム内の加速度センサーによって収集された測定値から車両ダイナミクスを推定し、ブレーキ時に起こりうる危険な状況を検出する。このような状況下では、アクチュエーターが介入し、フロントブレーキの油圧を制御することで、スムーズなブレーキングを実現し、e-cargo bikeの安定性と操縦性を高める。
Blubrake ABSは、あらゆるタイプのe-Cargo Bikeに適しており、システムはオープンなので、市場に出回っているサードパーティ製のあらゆる油圧ブレーキやパワーシステムと統合することが可能とのこと。
また、特許取得済みの人工知能システムにより、Blubrake ABSは、最も滑りやすい路面や荒れた路面(砂利、落ち葉、石畳)、雨や雪が降っている状況など、さまざまな路面で適切に機能すると謳っている。

この技術を開発することで、E-カーゴバイクを最も環境に優しく持続可能な乗り物にするだけでなく、最も安全な乗り物にすることを目指しており、個人の移動手段としてだけでなく、都市部の物流手段としても、一般の人々に普及させることを目指している。

関連記事

E-Bike用ABS製造会社「Blubrake」とは F1やモータースポーツ経験を持つトップレベルのエンジニアが開発するABS

関連リンク

 

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連