自転車ナビアプリ「自転車NAVITIME」が多言語に対応 英語、中国語(繁体字・簡体字)で利用可能に

- Advertisement -

ナビタイムジャパンは2月4日、自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」が、ほぼすべての機能を英語、中国語(繁体字・簡体字)でも利用可能になると発表した。

自転車NAVITIMEは自転車に特化したナビゲーションアプリ。「大通り優先」「坂道優先」などの全7種類のルート検索や、走行ルート、距離、消費カロリーなどの記録、全国のサイクリングステーション検索、お気に入り地点の保存などの機能が使用できる。

今回、メニュー画面、ルート検索、スポット検索、地図表示、ナビゲーション中画面を多言語で表示でき、ナビゲーション中の音声案内も、英語での発話に対応する。言語はスマートフォンの設定に合わせて、自動で切り替わる。全国対応の自転車専用ナビゲーションアプリでの多言語対応は、日本で初めてとなる。

「自転車NAVITIME」の多言語への対応は、2020年12月より試験的に行っていたが、自治体と連携して提供しているサイクリングコースにおいても提供を開始し、正式にリリースとなる。最初は福島県いわき市と猪苗代湖周辺を周遊するコースを多言語で紹介する。

関連リンク

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連