ヤマハ発動機の電動アシスト自転車「PAS Withシリーズ」2021年モデルが登場 新色を追加

- Advertisement -

ヤマハ発動機は10月14日、電動アシスト自転車のスタンダードモデル「PAS With(パス ウィズ)」「PAS With DX(パス ウィズ デラックス)」「PAS With SP(パス ウィズ スーパー)」のカラーリングを変更したと発表した。12月10日から順次発売する。

「PAS With」は、「PAS Withシリーズ」内最軽量のスタンダードモデル。カラーラインナップは全6色(24型は4色)。人気の定番カラーは継続しながら、2021年モデルは、カジュアルな印象を感じさせる「スモークイエロー」を新たに設定した。

アルミフレームに内装3段変速を採用した車体は、12.3Ahバッテリーを採用することで、航続距離は48キロから78キロを実現。充電時間は3.5時間。タイヤサイズは26×1-1/2と24×1-1/2の2種類で、乗車可能身長は141センチメートル(24×1-3/8)から。重量は25.9キログラム(24インチ)。BAAと3年間盗難補償付きで価格は11万1000円(税抜、以下同)。

「PAS With DX」は、実用性を押さえながら、「籐風ナチュラルバスケット」「クラシカルテリーサドル」などデザイン性を重視したファッショナブルモデル。2021年モデルは「マットアンバー」を新たに設定した(26型のみ)。

アルミフレームに内装3段変速を採用した車体は、12.3Ahバッテリーを採用することで、航続距離は48キロから78キロを実現。充電時間は3.5時間。タイヤサイズは26×1-1/2と24×1-1/2 の2種類で、乗車可能身長は141センチメートル(24×1-1/2)から。重量は27.1キログラム(24インチ)。BAAと3年間盗難補償付きで価格は11万6000円。

「PAS With SP」は、「PASシリーズ」最上位のアシストレベルで登坂性能と確保し、大容量15.4Ahバッテリーの搭載することで長距離走行も可能になった。また、衝撃吸収に優れたGEL入りコンフォートサドル、大容量エレガントバスケット(24L)の採用など実用機能も搭載したプレミアムモデル。2021年モデルは、ラグジュアリーな印象を感じさせる「バーガンディー」を新たに設定した(26型のみ)。

アルミフレームに内装3段変速を採用した車体は、15.4Ahバッテリーを採用することで、航続距離は59キロから100キロを実現。充電時間は4時間。タイヤサイズは26×1-1/2と24×1-1/2 の2種類で、乗車可能身長は141センチメートル(24×1-1/2)から。重量は27.1キログラム(24インチ)。BAAと3年間盗難補償付きで価格は14万1000円。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連