20万円台の貴重なMTBタイプのE-Bike「NESTO X-VALLEY E6180」をインプレ その実力を検証

モーターとバッテリーの力で、オフロードも楽々と走行できるE-MTB。そんなE-MTBは、従来のマウンテンバイクよりも高価格のモデルが多く、前後にサスペンションを搭載したフルサスE-MTBだと、安いモデルでも40万円を超え、60万円台が一般的と250CCのオートバイと変わらない価格だ。

そんなE-MTBの中で、お手頃価格で購入できるのがNESTO X-VALLEY E6180だ。

NESTOはマルキンやコーダブルームといったブランドを持っている日本の自転車会社「ホダカ」の1ブランド。NESTOには、本格的スポーツモデルで自転車専門店で取り扱うプレミアムモデルと、お手頃価格でホームセンターなど幅広い所で取り扱っているスタンダードモデルの2種類があり、X-VALLEY E6180はスタンダードモデルに入る。価格は29万9000円(税抜)。

30万円以下と本格的なE-MTBではお買い得価格のX-VALLEY E6180。どのようなE-Bikeなのかインプレッションしよう。

NESTO X-VALLEY E6180のコンセプトとは

今回、ホダカのマーケティンググループマネージャーから、X-VALLEY E6180のコンセプトを解説してもらった。ここで紹介しよう。


今回、メインターゲットは「50代以上男性」と設定しています。X-VALLEY E6180は決して競技志向という切り口でとらえておりません。

「マウンテンバイクなどスポーツバイク黎明期に遊んでいた方が年齢を重ね50代となり、時間的にも経済的にも余裕が生まれたことでeバイクに注目している」という実際の購入層のニーズを取引先へのリサーチでつかんだからです。

いい物を購入したいという層、日本ブランドを好む層に向けて魅力的な製品を提供する必要が弊社にはあると考えてeバイク開発を行いました。

また、コンセプトは「孫と一緒に乗れる自転車」を掲げました。MTBタイプを選んだ理由は弊社のマウンテンバイク開発のノウハウを生かせるだけでなく、ターゲットを見据えた際に好適だったからです。
太めタイヤ・サスペンション付きであることで、バイクの安定感や乗り心地を高められます。さらにアシストによって、旺盛な好奇心を持つ大人世代が体力的な不安なくアクティブに体を動かすことができ、ひいては元気な孫と一緒に走ることもできると考えました。


注)NESTOのX-VALLEYシリーズには今回紹介したE-Bikeの他にも、ジュニアMTBのX-VALLEY KIDシリーズがある。

NESTO X VALLEY E6180の車体をチェック

最初に、X-VALLEY E6180のデザインをチェック。近年のE-MTBの主流と言えば、バッテリーを車体に内蔵したインチューブタイプが主流だが、X-VALLEY E6180は、バッテリーを車体外付けにした従来型を採用した。フレームに使われているパイプはNESTOのMTB「TRAIZE」シリーズに使われている物を使用しているとのこと。

近年のE-MTBでは珍しく直線的なデザインで比較的スッキリとしたデザインとなっているが、これは一般的な人力MTB用のパイプに加え、バッテリーのデザインがコンパクトで余分なラインが無いのもあるだろう。

因みに、フレームのダウンチューブよりもバッテリーのほうが幅が広いため、泥がバッテリーにかかりやすいため注意。E-Bikeのバッテリーは防水機能はあるため、機能面で特に問題はないが、汚れを取るのが面倒だろう。

E-Bikeは車体が重いため、スタンドの装着は重要。スタンドに関しては車体にスタンド装着用の穴があるため装着可能だ。

ディスプレイはSC-E6100。クロスバイクなどに使われている大画面タイプのディスプレイ。転倒などによる破損の可能性が高いE-MTBでは、SC-E7000といった小型ディスプレイを装着する場合が多い。カジュアルライド向けのX-VALLEY E6180では、ディスプレイが大きくて見やすいSC-E6100のほうがベストかもしれない。

ドライブユニットはShimano STEPS E6180。日本市場のShimano STEPSではミドルグレードにあたり、定格出力250W、最大トルク60Nmを発揮する。ホイール径は27.5インチでリムはチューブ無しで運用できるチューブレスレディリムを採用。タイヤ幅は2.8インチと太いプラス規格。ハブは従来よりも前後ともブースト規格。

舗装路からトレイルライドまでテストを実施

今回、X-VALLEY E6180は舗装路からトレイルまで幅広い所を走ることにした。

舗装路ではE-MTBらしく、モーターアシストを積極的に使って、走ることになる。この価格帯のE-MTBでは、Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク85Nm)やShimano STEPS E8080(定格出力250W、最大トルク70Nm)といった高トルクユニットを搭載していないが、スペックの割に加速感が良い。

スペックを見た限りでは、このようなE-MTBではもっと重ったるい加速をすると思うので意外だった。また、乗り心地も安くて硬いタイヤにある跳ねるような感覚も無い。

加速感や乗り心地が良い理由はタイヤだろう。NESTOは他社の自転車と比較して高いタイヤを装着しているモデルが多い。X-VALLEY E6180には、MAXXIS IKON+ 27.5×2.8と定価1万円のタイヤを装着しており、この価格帯のE-Bikeでは非常に良いタイヤを装着している。

ちょっとした林道を走る場合、2.8インチと太いタイヤのグリップ力のお陰でリラックスして走行できる。2.8インチのセミファットタイヤは、このような道では過剰に感じるかもしれないが、過剰なゆとりは様々な所で安心感に繋がる。

そして、E-MTBライドの楽しみであるトレイルだ。登山靴で普通に歩くとずり落ちる程度の少しぬかるんだ上り坂は、MAXXIS IKON+タイヤのグリップ力で、上りきれる確率が高い。この道はハードテールE-MTBでは、上るのが難しいがタイヤのグリップ力で助けられている。

カーブを曲がる感覚は、外付けバッテリータイプのE-MTBではきちんとカーブを曲がることができる。2017年から2018年に登場した、400Wh以上の大容量外付け式バッテリーを採用したハードテールE-MTBにあったトラックでカーブを曲がるようなハンドリングは無い。

あの時代のハードテールE-MTBの多くは、サイクルツーリズムレベルの筆者でも、下りは乗ってきたE-MTBを投げ捨てて人力MTBで下りたいと思うほどのハンドリングだったが、NESTO X-VALLEY E6180に関しては、そのような感覚は無いのが嬉しかった。但し、現在主流のフレーム内蔵式バッテリー(インチューブタイプ)のほうが、倒し込みやすいのは言うまでもない。

X-VALLEY E6180が外付けバッテリーを採用しつつカーブが曲がりやすいのは、バッテリーが417Whと小型なのと、バッテリー位置を車体中心部近くに装着しているのもあるだろう。

搭載されているドライブユニット「STEPS E6180」。定格出力250W、最大トルク60Nm。オフロードライドを行うには、パワー、トルクは最低限必要なレベルだ。

30万円台後半のE-MTBに搭載されているShimano STEPS E8080(定格出力250W、最大トルク70Nm)よりもパワー、トルクは少なく、オフロードでも安定して可変アシストを行う「eMTBモード」を搭載したBosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク85Nm)等と比べてはいけないが、E-MTBらしい、モーターパワーを多用したトレイルライドを行うことはできる。

サスペンションはSR SUNTOUR XCM32 100ミリトラベル。SR SUNTOUR製サスペンションの中でも、XCMはカジュアルMTB用で、木の根を超える時などではサスペンションがしなる。このあたりは価格なりと言った所。ジャンプや木の根をのり超えるような本格的なE-MTBトレイルライドを行うのなら、別のE-MTBが良いだろう。

20万円クラスのE-MTBなら購入選択肢に入るNESTO X-VALLEY E6180

E-MTBの世界は、人力MTBよりも車体が重くパワフルな走りを楽しむため、従来の人力MTBと比較して太いタイヤや剛性が高い部品を採用するのが一般的だ。

しかし、20万円台のE-MTBは、コストの関係で人力MTBの感覚でパーツチョイスを行っている事が多く、剛性不足による不安間、タイヤが細すぎてぬかるみでリアタイヤが滑る、後々のチューンナップで障壁になることが多かった。

NESTO X-VALLEY E6180は、いま主流の剛性が高いブースト規格、太いタイヤでグリップが高く滑りにくいセミファットタイヤと、20万円台のE-MTBの基本を抑えている。また、外付け式バッテリーでありながら、きちんと自然にカーブを曲がれる性能をもっているのも良い。

但し、NESTO  X-VALLEY E6180は、これ以上、走行性能を上げられる伸び代は少ない。

まず、X-VALLEY E6180の走行性能は、標準装備されているMAXXIS IKON+の力が強い。因みに、タイヤ交換で下手な安物タイヤに交換すると、実質的に性能ダウンするため注意が必要だ。

そして、車体設計やドライブユニットも差がある。30万円台後半のE-MTBは、内蔵バッテリーによる低重心化などにより、重い車体でもきちんと倒れるハンドリングを実現。さらにX-VALLEY E6180に搭載されているドライブユニットにより、高トルク、ハイパワーなユニットを搭載しているため、E-MTBでしか走れないような道でも、余裕を持って走行できる。

最後に問題になるのがバッテリー容量。X-VALLEY E6180のバッテリー容量は417Wh。今のE-MTBのバッテリー容量はX-VALLEY E6180よりも大容量の500Whや630Whが一般的で、海外では1000Wh超えも出てきている。

そんなに大容量のバッテリーが必要なのかと疑問に思う人もいるかもしれないが、E-Bikeを常用するようになると、今までの人力自転車では考えられない遊びを行うようになる。例えば、四国にある剣山スーパー林道を思いっきり走るような遊び方だ。

参考リンク:剣山スーパー林道を抜けて上勝町へ(e-naya.com)

これをX-VALLEY E6180で行う場合、バッテリー容量417Wh×2=834Whと容量が少ないため難しい。

ただ、NESTO X-VALLEY E6180を購入するユーザーは、そこまでハードな走りを行う人はいない為、問題にはならないかもしれない。

その部分を知っておけば、E-MTBとしてのトレンドを抑えていて、タイヤも太いためトレイルの散策が楽しめ、タイヤの太さを活かして雪道も走ることもできるだろう。

また、駐輪時に必要なスタンドや、ツーリングで欲しいリアキャリアが装着できるため、街乗りやサイクリングも行える。クロスバイクタイプのE-Bikeよりもカッコよくて、いろいろな道を走りたいというイメージで買うのも悪くないだろう。

(参考)NESTO X-VALLEY E6180のスペック

  • フレーム:6061アルミ スムースウェルディングSTEPS,148X12mm boost
  • フロントフォーク:SR SUNTOUR XCM32,100mmTRAVEL110X15 QR
  • 重量:21.3kg
  • ブレーキ:SHIMANO BL-MT200+SHIMANO BR-MT200,SHIMANO SM-RT30 180MM
  • ギア(前):SHIMANO FC-E6100 170mm,SHIMANO SM-CRE80-B 34T
  • ギア(後):SHIMANO CS-HG500 10S 11-42T
  • フロントホイール:SHIMANO HB-MT400-B 15X110mm Boost 32H CENTER LOCK DISC
  • リアホイール:SHIMANO FH-MT400-B 12X148mm Boost 32H CENTER LOCK DISC
  • タイヤ:MAXXIS IKON+ 27.5X2.80
  • ドライブユニット:Shimano STEPS E6180(定格出力250W、最大トルク60Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:SHIMANO BT-E6010 418Wh
  • 充電時間:約4時間
  • アシストモード:3段階(ECO/NORMAL/HIGH)
  • 航続距離:105km/85km/70km

文:松本健多朗

関連リンク

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

滋賀県栗東市でデジタルサイクルスタンプラリー開催 抽選で近江牛などの名産品をプレゼント

栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会、ナビタイムジャパンは、2021年2月26日から、「ビワイチ」専用アプリ「ビワイチサイクリングナビ」を用いて、栗東市内でサイクルスタンプラリーを実施すると発表した。 「ビワイチサイクリングナビ」は、自転車でびわ湖一周する「ビワイチ」をはじめ、滋賀県内周遊をより気軽に楽しむ人に向けて作られたアプリ。滋賀県内の観光地をスポット情報と記事の閲覧や、旅行の計画から目的地までのルート検索、自転車ナビゲーションまで、滋賀県での観光をサポートする。 サイクルスタンプラリーは、「ビワイチサイクリングナビ」アプリを起動し、スマートフォンのGPSをオンにした状態で栗東市内の最大12ヵ所のスポットを巡るスタンプラリー。合計13ポイント分のデジタルスタンプを取得すると、近江牛をはじめとした栗東市の名産品を抽選でプレゼントする。 また、3ポイントを取得した方は、先着200名に参加賞として栗東市のおみやげ・ナビタイムオリジナルグッズいずれかを、それぞれ先着100名にプレゼント。 栗東市内の魅力を発信して利用者に楽しむだけでなく、ICTの活用で、周辺地域の分散集客を図り、With/Afterコロナ時代における持続可能性のあるイベントのあり方を検証し、モデルケースを構築できるよう取り組むとのこと。 実施期間は2021年2月26日から3月31日まで。 サイクルスタンプラリー詳細 1.名称 豊かな自然と歴史あふれる「緑と文化のまち栗東」を巡るサイクルスタンプラリー 2.実施期間 令和3年2月26日(金)~3月31日(水) 3.場所 栗東市全域 4.景品 応募者の中から抽選で下記の景品をプレゼントいたします。 ・A賞(13ポイント):近江牛(2名様)、プレミアムステンレスタンブラー(1名様) ・B賞(10ポイント以上):ゼッケンバッグ&いちじくジャム(5名様) ・C賞(7ポイント以上):近江米&にんにくオイル漬け(6名様)、コインケース&うま缶バッジ(6名様) ・参加賞(3ポイント):たてば珈琲ドリップバッグ(先着100名様)、ナビタイムオリジナルグッズ(先着100名様) 当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 5.実施主体 主催:一般社団法人栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会 協力:株式会社ナビタイムジャパン 関連リンク 栗東市観光協会サイト内イベントページ

自転車漫画関連

【自転車漫画】ヒルクライムあるある「サイクル。」Part25

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回はヒルクライムあるあるを中心に紹介します。 View this post on Instagram   【サイクル。】三色団子ちゃん 富士ヒルクライム編1 #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子...

【自転車漫画】自転車あるあるが豊富な「ママチャリなカコ」 Part2

只野うささんが、クロポタNOTEで公開している自転車4コマ漫画「ママチャリなカコ」を解説しながら紹介する企画。Part2も自転車あるあるが豊富で解説します。 釘が無くてもパンクします:ママチャリなカコ06・パンクって… ママチャリなカコ06・パンクって…から 一般的にパンクと言えば、釘やガラスなど突き刺し系のパンクを思い浮かぶのが一般的。しかし実際のパンクは、段差に乗り上げた時に路面とリムにチューブがはさまれて発生する「リム打ちパンク」が多いと言われている。リム打ちパンクの対策は空気を入れるだけと簡単だ。定期的に空気を入れて確認しよう。 因みに、空気を入れるのが大変だと思う人は、良い空気入れを買うのを薦める。ディスカウントストアで数百円で買える空気入れもあるが、そのような空気入れは空気が入れにくかったり、スポーツサイクルに使われている仏式バルブ(タイヤチューブに空気を入れる弁の形)に対応していない物が殆どだ。ブリヂストンのスマートポンプが筆者の最低ラインだ。 サドルを上げるのは少し怖い:ママチャリなカコ07・サドルの高さ ママチャリなカコ07・サドルの高さから 自転車のサドルを下げすぎると、脚の筋肉を効率良く使うことができず、膝に負担がかかる。一方で、サドルを上げると脚の筋肉を効率よく使え、楽に走れるが足つきが悪い欠点がある。サドルを高くすると怖いと思うのなら、少しずつ上げていくのが良いだろう。 出典:Electra サドルを高く上げても、足つきが良い自転車はある。Electra Townieや豊田トライクのように、ペダルの踏む位置を前に出すことで、足つき性と漕ぎやすさを両立した自転車はできる。 https://www.cyclorider.com/archives/24167 サドルを上げることで新しい扉が開く:ママチャリなカコ08・坂道チャレンジ ママチャリなカコ08・坂道チャレンジから ママチャリのサドルを上げて、試しに自転車に乗ったまま越えたことのない坂道に行くことに。毎回、押して歩いた記憶しかない場所を登ることができ、新しい扉を開けたようだ。 重量は重要です:ママチャリなカコ09・重さ ママチャリなカコ09・重さから 荷物をなくして走ってみると、走りが軽くなることに気づき、軽い自転車があればしまなみ海道の坂も楽に走れると思い、スポーツサイクルに興味を持つことに。 因みに重量に関しては、サイクリングメインの非競技ユーザーなら荷物を軽くするのが手っ取り早くて手軽。ただ、荷物の減らし方や軽量化は人によって様々な考えがあるので、ある意味では腕の見せ所とも言える。 自転車はスポーツ?:ママチャリなカコ10・スポーツ!? ママチャリなカコ10・スポーツ!?から インドア派でスポーツには縁が無い作者の只野うささん。自転車選びをしていくうちに、ロードバイクやクロスバイクは”スポーツ”と書いてあり、怖気づいてしまう。 出典:KOGA F3 3.0 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクをひっくるめて「スポーツ自転車」と呼ぶのは、一般的なママチャリと区別を行うのもあると思う。しかし、高性能・高価格の街乗り自転車を普及させるのなら、ロードバイクとクロスバイクをまとめてスポーツバイクと分類するのではなく、ロードバイクは「レースバイク」など、棲み分けを図ったほうが良いかもしれない。写真のKOGA F3はトレッキングバイク(クロスバイクに泥除け、ライト、荷台を装備した自転車。)と呼ばれているが、CITY&TOURINGジャンルに分けられている。ドロップハンドルのロードバイクやフラットハンドルロードバイク(COLMARO SPORTS)は、RACEジャンルに分けられている。 体力が無い人で、スポーツ自転車に怖じ気つく人もいるかもしれないが、クロスバイクならママチャリよりも軽くて、ギアも沢山あるので軽く登れる。タイヤもそれなりに太く、フラットハンドルなので扱いやすい。前傾姿勢が気になるのなら、GIZAプロダクツのローライズハンドルをつけて、前傾姿勢を和らげるのも良い。 https://www.cyclorider.com/archives/19603 因みに、ロードバイクに関してはスピード重視の設計で扱いにくい所もあるので、初心者にはあまり薦めない。ずっと自転車をやってきた人によっては最初はクロスバイクに乗って、慣れてきてからロードバイクなどのドロップハンドルを薦める人もそれなりにいる。 それでも、体力が無くて不安なら電動アシストスポーツ自転車を選ぶのも1つ。価格は高いがモーターの力で楽に走れるのと、スポーツサイクルの走りを両方楽しめるので、1度は乗ったほうが良い。 続きがみたい人は、クロポタNOTEのママチャリなカコから見ることができます。 クロポタNOTE:作者のWebサイト 只野うささん|Twitter:作者のTwitter https://www.cyclorider.com/archives/24748

【自転車漫画】ナイトライド危機一髪「サイクル。」Part55

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は団子ちゃん危機一髪をお届けします。   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿 最新作は作者のTwitter・Instagramで公開されています。 レンゴクさんのTwitter:https://twitter.com/rengokuH/(作者のTwitter) レンゴクさんのInstagram:https://www.instagram.com/rengokulab/(作者のInstagram) レンゴクさんのWebサイト:http://rengokulab.blog.fc2.com(作者のWebサイト