ニュース

GarminのGPSサイクルコンピューター「Edge 1030 Plus」「Edge 130 Plus」が登場

ガーミンジャパン(以下 Garmin)は2020年6月25日、サイクルコンピューター Edgeシリーズの最新モデル「Edge 1030 Plus(エッジ1030プラス)」「Edge 130 Plus(エッジ130プラス)」を2020年7月16日(木)に発売すると発表した。

Edge 1030 Plus/Edge 130 Plus

Edgeシリーズは、高精度GPS、豊富なデータ項目、直射日光下でも視認性の高い半透過型ディスプレイ、ロングバッテリーなどの基本性能や、パフォーマンス計測、ナビゲーション機能、スマート機能、などの多彩な機能を搭載したGPSサイクルコンピューターシリーズ。

「Edge 1030 Plus(エッジ1030プラス)」は、トレーニング機能とナビゲーション機能、内蔵CPUとバッテリーライフを強化し、トレーニングにおける利便性を高めたアップグレードモデル。

新機能では、デバイスに記録されたトレーニング負荷とVo2Maxをベースに最適なワークアウトを提案するワークアウトサジェスション機能、ルートナビゲーションの一時停止機能、MTBダイナミクスを搭載した。

「Edge 130 Plus(エッジ130プラス)」は、上位モデルで好評のクライムプロやワークアウト、事故検出/救助要請機能を新たに搭載し、コストパフォーマンスが向上したGPSサイクルコンピューター入門機。シリーズ最軽量機として、レース志向のライダーにも活用いただけるモデルとのこと。

価格はEdge 1030 Plusがセットで8万6000円(税抜、以下同)。Edge 130 Plusが、本体のみ2万800円。セットで2万6800円。

予約は7月9日(木)より開始。また、発売を記念して、液晶保護フィルムと、シリコンケースをプレゼントするキャンペーンを発売日より実施する。

「Edge 1030 Plus」の特徴

<新機能/アップグレード>

■イージーセットアップ

以前に使用していたEdgeデバイスがあれば、アクティビティプロフィール、ライドタイプ、データ項目やペアリングしていたセンサー情報を自動で引き継ぎすることが可能。

■稼働時間

通常使用時で最大24時間稼働。Edgeシリーズ最長のバッテリースペック。拡張バッテリー(別売り)を使用すれば、最大44時間使用が可能。※稼働時間は使用環境により異なります。

■トレーニングプラン同期機能

Garmin ConnectやTrainingPeaksなどのサードパーティ製アプリから、トレーニングプランをデバイスに落とし込むことが可能。

■デイリーワークアウトサジェスション

デバイスに記録されたトレーニング負荷とVo2Max値から、ユーザーのフィットネスレベルを考慮した最適なワークアウトを提案。

■ナビゲーションの一時停止機能

ナビゲーション中、ルートを外れた際にナビの一時停止とオフコース警告の停止が可能に。再度ルート上に戻れば、デバイスは目的地までのルートを再表示。

■MTBダイナミクス

ジャンプ数やジャンプ距離などMTBライドに関する表示項目を追加。標高、勾配および急激な方向の変化に基づく現在のライドの難度を表示するグリット、スピードと滑らかさをどの程度一貫して維持しているかを示すフローなどの数値を確認可能。

■inReach対応

衛星コミュニケーターハンドヘルドinReachと連動。inReach衛星サブスクリプションを利用している場合、24時間地球上のあらゆる場所からのSOS信号発信や、メッセージの送受信が可能。

■LiveTrack

Edge上から直接LiveTrackセッションを開始することが可能。※Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要。

<継続>

■昭文社シティナビゲーターPlus2019年版(全国主要自転車道対応)収録

安心の昭文社製純正地図データ「シティナビゲーター」を搭載。全国主要自転車道のデータも収録。

■クライムプロ

クライム中の勾配変化や残り平均斜度をグラフと数字で表示し、ヒルクライムのペース配分をアシスト。

■サイクリングアウェアネス

Variaレーダーやライトと連動して、サイクリング中の安全を確保。

■パフォーマンス計測

Vo2MaxやFTP自動計測、リカバリータイム、トレーニング負荷などパフォーマンス情報を一目で把握。

※対応するセンサーとのペアリングが必要です。

■事故検出/救助要請

デバイスが衝撃を検知すると、登録された緊急連絡先にアラートを送信。また、手動でメカトラブルなどの際に救助要請の送信も可能。※Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要。

<製品仕様>

・製品名   :Edge 1030 Plus(エッジ1030プラス)
・価格    :セット¥86,000(税別)
・セット同梱品:スピードセンサーDual、ケイデンスセンサーDual、HRM-Dual、延長アウトフロントマウント(拡張バッテリー対応)、ハンドルステムマウント、microUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートマニュアル
・重量    :本体のみ 123g
・サイズ   :58×114×19mm
・ディスプレイ:3.5インチフルカラー/タッチスクリーン
・稼働時間  :最大24時間
・防水    :IPX7
・接続機能  :ANT+、Bluetooth、Wi-Fi
・衛星測位  :GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)
・高速CPU採用
・センサー  :気圧高度計、環境光センサー、磁気センサー、Gセンサー、心拍センサー、パワーセンサー、スピード/ケイデンスセンサー
・その他機能 :トレーニングプランとワークアウト、Vo2Max計測、FTP自動計測、リカバリータイム、トレーニング効果、トレーニングステータス、暑熱高度順応、水分栄養摂取記録、MTBダイナミクス、Stravaライブセグメント、クライムプロ、ナビゲーション機能、デバイス上のPOI検索、デバイス上目的地検索、通知機能※、LiveTrack※、GroupTrack※、ライダー間メッセージ※、事故検出/救助要請機能※、ConnectIQ、Variaレーダー対応、Di2/eTap/EPS対応、ANT+インドアトレーナー対応※Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要

「Edge 130 Plus」の特徴

<新機能/アップグレード>

■クライムプロ

クライム中の勾配変化や残り平均斜度をグラフと数字で表示し、ヒルクライムのペース配分をアシスト。

■トレーニングプラン同期機能

Garmin ConnectやTrainingPeaksなどのサードパーティ製アプリから、トレーニングプランをデバイスに落とし込むことが可能。

■事故検出/救助要請

デバイスが衝撃を検知すると、登録された緊急連絡先にアラートを送信。また、手動でメカトラブルなどの救助要請の送信も可能。※Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要。

■MTBダイナミクス

ジャンプ数やジャンプ距離などMTBライドに関する表示項目を追加。標高、勾配および急激な方向の変化に基づく現在のライドの難度を表示するグリット、スピードと滑らかさをどの程度一貫して維持しているかを示すフローなどの数値を確認可能。

■LiveTrack

Edge上から直接LiveTrackセッションを開始することが可能。※Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要。

<継続>

■パフォーマンス計測

Vo2Maxやリカバリータイムなどパフォーマンス情報を一目で把握。

※対応するセンサーとのペアリングが必要です。

■簡易ナビゲーション機能

Garmin ConnectやStravaから転送したルートを、白地図上で線画ナビゲーション。転換点案内付きで、曲がり角などはビープ音と表示でお知らせ。

■鮮明なディスプレイ

直射日光下での視認性を追求した半透過型1.8インチモノクロMIPディスプレイ。

■高精度GPS

GPS、GLONASS 、みちびき(補完信号)、Galileoの4衛星受信対応で安定したGPS受信が可能。

■Varia互換性

Variaレーダーやライトと連動して、サイクリング中の安全を確保。

■スマートフォン通知機能

電話やSMSの着信通知をEdge画面上に表示。※互換性のあるスマートフォンとの接続が必要です。

■Connect IQ

Connect IQストアからカスタムデータフィールドをダウンロードして設定が可能。

・製品名   :Edge 130 Plus(エッジ130プラス)
・価格    :本体のみ¥20,800/セット¥26,800(税別)
・セット同梱品:スピードセンサーDual、ケイデンスセンサーDual、ハンドルステムマウント、microUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートマニュアル
・重量    :33g
・サイズ   :41×63×16mm
・ディスプレイ:1.8インチモノクロMIP
・稼働時間  :最大13時間
・防水    :IPX7
・接続機能  :ANT+、BLUETOOTH
・衛星測位  :GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)
・センサー  :気圧高度計、加速度計、Gセンサー、心拍センサー、パワーセンサー、スピード/ケイデンスセンサー
・その他機能 :トレーニングプランとワークアウト、Vo2Max、リカバリータイム、MTBダイナミクス、Stravaライブセグメント、クライムプロ、簡易ナビゲーション機能(転換点案内対応)、通知機能※、 LiveTrack※、事故検出/救助要請機能※、ConnectIQ(データ項目のみ)、Variaレーダー対応

関連リンク

特別特集

Special【Sponsored】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【Sponsored】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【Sponsored】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-ニュース
-,

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.