月曜日, 9月 21, 2020
ホーム LifeStyle オンライン署名サイトで新型コロナウイルス対策として自転車レーンの請願を実施中

オンライン署名サイトで新型コロナウイルス対策として自転車レーンの請願を実施中

オンライン署名サイト「Change.org」で「【コロナ対策】3密を避けて自転車で安全に移動できるよう、即席の走行空間を作ってください!(Change.org)」というオンライン署名が行われている。現在200名以上が賛同している。

出典:change.org

Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)は、”「変えたい」気持ちを形に”をキャッチフレーズとして、様々なキャンペーンへのオンライン署名を行っているウェブサイト。海外では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策として、即席の自転車専用レーンを作り、公共交通機関と道路の混雑対策として車道を区切って自転車道に変える、生活道路に車止めを置いて車の通り抜けを制限する等の取り組みが行われている。

要望は、ベルリンのプロジェクトや北米の機関のマニュアルをベースとして自転車レーンを敷設する。自転車でも徒歩でも互いに離れて安全に移動できるように、車が通り抜けられない生活道路を増やし、歩道のない狭い道では規制速度を時速20キロ以下に抑える。車道の一部を駐輪場に転換する3つ。発信者はCycling Embassy of Japan。宛先は国土交通省、警察庁、東京都。2020年6月9日現在も実施中。

関連リンク

(参考)海外の自転車レーン実例一覧(Twitterから)