土曜日, 9月 19, 2020
ホーム News Eバイク市場調査レポートの概要が公開 市場規模は約1兆6,500億円以上、年6パーセントで成長

Eバイク市場調査レポートの概要が公開 市場規模は約1兆6,500億円以上、年6パーセントで成長

グローバルインフォメーションは4月20日、市場調査レポート「世界のEバイク(電動自転車)市場:成長、動向、および予測」 (Mordor Intelligence LLP発行) の販売を開始すると発表した。

「世界のEバイク(電動自転車)市場:成長、動向、および予測」 の概要では、Eバイク市場は2019年に154億2000万米ドル(約1兆6,500億円以上)に達し、2020年から2025年の予測期間中にCAGR6.21%で成長すると予測されている。また、レジャー等の使い方以外に、物流やEバイクのレンタルサービスなどで拡大すると予想している。2018年にはペダルアシストタイプのEバイクが世界市場の88.32%を占めている。

地域別では、アジア太平洋地域は世界市場を支配すると予想され、中国が最大の市場シェアを占めている。Eバイク最大の消費国である中国国内の売上高が増加し、Eバイクの世界市場の成長に影響を与えている。他の国では、インド政府もEバイクの使用を奨励している。

欧州でのEバイク市場はアジア太平洋地域に次ぐ約20%のシェアを占めている。欧州ではドイツが最大シェアを占め、フランスとイタリアがそれに続く。ドイツでは、Eバイクはスポーツやレジャーだけでなく、クリーンでかつ静かで、場所をとらない代替交通手段として好まれており、都市のロジスティクスに採用されているとのこと。

2018年にドイツのEバイク売上は、自転車市場全体の23.5%を占め、販売されているEバイクのうち、250W/時速25キロモデルの一般的なE-Bikeが99.5%を占めている。0.5%は、保険の加入とヘルメットの着用が義務づけられている時速45キロの高速モデルとなる。

フランス、イタリア、オランダ、スペインでも、Eバイクの需要が高まっているとのこと。Eバイクの採用を検討する主な理由に、健康上の利点、環境上の利点、支出の削減、交通渋滞の回避、若者間のスポーツ用品としてのEバイクの需要の増加などがある。また、オランダの調査では、欧州の4分の1にあたる人々がEバイクで通勤することに前向きだ。

関連リンク

世界のEバイク(電動自転車)市場:成長、動向、および予測

グローバルインフォメーション