2020年モデルの自転車まとめ アップライト・バイシクル

アップライト・スポーツバイク「Specialized Roll」が日本発売か

投稿日:

クロスバイクよりもアップライトな姿勢で快適なサイクリングが楽しめる「アップライト・スポーツバイク」。海外ではクラシックスタイルで高価な「Rivendell」で有名だが、日本ではマイナーなジャンルの自転車だ。しかし、ビーチクルーザースタイルの「Electra・Townie」や、スポーツ自転車風のスタイルでセミアップライトとも言える「Cannondale・Treadwell」の登場で、今後、増える可能性があるだろう。

出典:specialized-onlinestore.jp

そんな中、Specializedブランドの自転車やパーツが購入できるSpecialized Online Storeでアップライトスポーツバイク「Roll」が登場した。RollはSpecializedブランドのアップライトスポーツバイク。モダンなA1アルミフレームにBMX風のハンドルを装備することで、クロスバイク「Sirrus」よりもアップライトな乗車姿勢を実現。ホイールは650B×2.3インチのニンバス2SPORTスリックタイヤを採用し、多少荒れた道でも安心して走行できるだろう。

Rollは、ロードバイクやクロスバイクにアップハンドルを装備したインチキなモデルではない。ハンドルが手前に曲がったアップハンドルにも対応するためにトップチューブ長を長く取った。また、アップライトな乗車姿勢で後輪に荷重がかからないようにチェーンステー長を480ミリと、一般的なスポーツ自転車よりも長く取った。ロードバイクが410ミリ、クロスバイクが430ミリなのを一般的だと考えると、いかに長いかがわかるだろう。

そして、姿勢に合わせてシート角を67度と一般的なスポーツ自転車(70~74度)よりも寝かせているのも注目だ。アップライトなポジションの場合、シート角を寝かすことでペダルを前に押すトルクタイプのペダリングになり、低速トルク重視の設計となる。また、スポーツ自転車のペダリングのように足を後ろにかきあげないため、ママチャリみたいに幅広いサドルを装着しても、安心してサイクリングできる。

(参考)Tartaruga Type-F

ROLL ELITE(出典:specialized-onlinestore.jp)

ROLLは「ROLL ELITE」「ROLL SPORT」の2種類を用意。ROLL ELITEはフロントシングルギアにリアワイドスプロケットを採用した高価格仕様で、価格は¥95,700(税込)

ROLL SPORT(出典:specialized-onlinestore.jp)

ROLL SPORTは、フロントトリプルギアを採用した多段変速モデルで価格は¥64,900(税込)。街乗りだけでなくサイクリングも楽しめそうな貴重なアップライト・スポーツバイクだ。

specialized-onlinestore.jp



-2020年モデルの自転車まとめ, アップライト・バイシクル
-,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.