ニュース

ママコミュニティが取り組む子ども乗せ自転車の安全啓発プロジェクトを全国で実施

投稿日:

自転車用品を製造するオージーケー技研株式会社は、「おやこじてんしゃプロジェクト」と共同で、2018年4月のスタートから1年間で、全国各地で24回、2,240人のママ・パパに向けて、子ども乗せ自転車を安全に利用するための勉強会を開催した。また、勉強会の講師(アンバサダー)を養成する講座を3回開催し、18人のママが新たにアンバサダーに。今後は、自転車販売会社、保育園、幼稚園、自治体、他のママコミュニティ運営団体などにアンバサダーを拡大し、事故防止活動を一層推進する。

欠かせない子ども乗せ自転車での移動を安全に

消費者庁によると、幼児用座席のついた自転車の事故で病院に救急搬送された子どもが、2016年までの6年間に東京都内だけで1,349人に上っている。「おやこじてんしゃプロジェクト」は、全国の子育て期ママ2,000人が参加するコミュニティが、子ども乗せ自転車での事故ゼロを目指して安全啓発活動を行うもの。オージーケー技研は当プロジェクトに賛同し、2018年4月からメインスポンサーになり、今後も自転車用チャイルドシートのトップメーカーとして、共に商品の正しい扱い方や交通ルールを発信し、親子での自転車移動を安全に楽しんでもらいたいと考えている。

日常的にアドバイスできる環境を

アンバサダーになるのは当コミュニティに参加している子ども乗せ自転車の利用経験のあるママたち。今後は自転車販売会社、保育園、幼稚園、自治体、他のママコミュニティ運営団体などに拡大していく。自転車販売店は、購入者に対し、体格やライフスタイルに合った適切な製品を提案することが、購入後の事故やヒヤリハットを防ぐことにつながる。また、子ども乗せ自転車の利用者である保護者と接する機会の多い「先生」や「自治体職員」が、自転車の安全利用に関する知識(法令やルール、マナー)を身に着け、日常的にアドバイスできる環境をつくり、事故の抑制を目指す。

オージーケー技研公式サイト:http://www.ogk.co.jp/



-ニュース
-, ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.