令和の主流になるモビリティはE-Bike・パーソナルモビリティ・自動運転車か

平成では、自動車はヒエラルキーが変化し最後は只の実用品に落ち、かつては一時代を築き上げた原動機付自転車(50CC)は死に体となり、オートバイはマニアの乗り物になった。そして電動アシスト自転車が登場した。令和では一体どのようなモビリティが主流となるのか。筆者はE-Bike・パーソナルモビリティ・自動運転車が、今後の社会の主流と考えている。その理由を紹介する。

令和時代を中心になるモビリティ

電動アシスト自転車/E-Bike

世界的に注目されているE-bike。日本でも従来型の電動アシスト自転車だけでなく、E-MTBなどのスポーツタイプのE-Bikeや、3輪カーゴバイクが注目されている。

電動アシスト自転車やE-Bikeは従来の自転車よりも自由に移動できる所だ。従来の自転車では、運転者の脚力により走行できる距離に差があったが、電動アシスト自転車はその差を縮めることができる。また、多くのモビリティの中では、スピードが出にくく機械が原因による暴走運転ができないため、免許不要で気軽に運転でき、幅広い年齢層が運転できる。

また、E-Bike/電動アシスト自転車は、原動機付自転車よりも自由な設計が可能だ。これは、世界で電動アシスト自転車やE-Bike用の部品があり、複雑な構造ではないため設計に自由がある、スピードが出ないため自由な設計ができる事が関係しているだろう。E-Bike市場では遅れている日本ですら、既にクロスバイクやE-MTB等のスポーツ自転車型から、折り畳みタイプ、カーゴバイクタイプ、高齢者用タイプなど様々な電動アシスト自転車/E-Bikeが売られている。

日本では、モペッド文化が無いため、複雑なアシストセッティングを行う必要がある。一部ではアシストをアップさせて、もっと速く走れるようにする風潮もあるが、海外でも高速走行可能なE-Bike(S-Pedelec)は原動機付自転車のように免許が必要だ。また、Trek Super Commuter+のように自転車の軽快さよりも原動機付自転車のような、重厚感があるスタイルになるだろう。

パーソナルモビリティ

町中での近距離移動を想定した乗り物として知られているパーソナルモビリティ。一般的には自転車程度の速度が出る電動モビリティの事を指す。日本ではパーソナルモビリティの殆どが公道走行できない。日本のパーソナルモビリティで有名なのはWHILLだろう。次世代の電動車椅子のWHILLは、動画のように自動運転実験やシェアリング実証実験を行っている。

 

出典:ヤマハ

また筆者が注目しているのは、ヤマハ・TRITOWNだ。停車時でも自立する立ち乗り型のパーソナルモビリティで、従来のキックボード型にはない安定感が期待できる。

パーソナルモビリティの問題点は、日本ではパーソナルモビリティに対する整備が無い事だ。これは、日本の道路事情も関係しているので一律に規制を緩めるわけにはいかないだろう。日本でもパーソナルモビリティを使用したシェアリングサービス「WIND(https://jp.wind.co/)」があるが、日本では原動機付自転車扱いになりヘルメットや免許証が必要だ。

また、既存の電動アシスト自転車の存在はパーソナルモビリティの最大の障壁になる。現行法でも運用でき、電池が切れても走行できる電動アシスト自転車は、パーソナルモビリティ普及の最大の壁になるだろう。

自動運転車

世界中で注目されている自動運転車。動画のテスラのように安定した運転を行うのもあるが、現時点では様々な不安がある。また、自動運転を行うには非常に複雑なセンサーやソフトウェアが必要なので、一般的な自動車に搭載されるには時間がかかるだろう。しかし、運転技術や知識、補償が自動運転以下の手動運転が膨大にある現在、自動運転車が普及すれば手動運転車は保険料が膨大に上がり社会的に排除される可能性が高い。これはアメリカのスポーツカーブーム衰退の原因の1つに保険料高騰があるため非現実的な話ではない。

また、自動運転車は一般的な自動車よりも、公共性が高い自動車のほうが早く採用されるだろう。例えば、DenaのRobot Shuttleのは道路界の新交通システムだ。これは、線路を敷かなくてよく、自由に道を設定できるため従来の公共交通機関のハブ交通の役割も期待できる。

DeNAはRobot Shutteだけでなく、日産製電気ミニバンタクシーを使用した、自動運転タクシー「Easy Ride」の開発も行っている。こちらはRobot Shuttleとは違い、一般の手動運転車との混合での走行も可能。2020年代前半の本格サービスの提供に向けて開発している。

歩行者扱いの電動車椅子も自動運転化が模索されている。つくば市では2019年4月22日に産業技術総合研究所とスズキ株式会社の協力のもと、「電動車いすの自動運転」の実証実験を全国に先駆けて実施した。

自動車は社会の中心から外れるか

人間が生活を行う上で重要な3項目と言えば衣・食・住だろう。その中でも自動車やオートバイ、自転車などのモビリティは住環境の付属品にしか過ぎない。そして、世の中の人が望んでいるのは自動車を運転するのではなく、楽に移動したいだけだ。多くの地域が車社会になっているのは、あくまでも現時点の選択肢で楽に移動できるだけでしかすぎない。もし既存の自動車よりも安全で楽に移動できるモビリティが登場したら、殆どの人はそちらに乗り換えるだろう。

車社会(モータリゼーション)の復活はあるか?と聞かれたら筆者はNOと答えるだろう。東京ビッグサイトで行われた「TRAN/SUM」の講演を聞いたり、様々な資料を見た限りでは、先進国では従来型車社会から決別し、人に優しい誰でも移動できる社会を目指している。それは日本でも同じでこの流れは静かに動いている。シクロライダーもこの流れに関して定期的にリポートする。

島内でも高齢者による交通事故は発生しているが「免許を返納すると、ちょっとした買い物でも自分で行けないし、病院に行くのも不便になりそうだから、返納に抵抗があるとの意見が多い」という。そして「高齢者だって事故は怖いし、子どもに叱られながら運転をしたくはない。早く自動運転を実用化してほしい」という切実な声が上がった。

離島で考える地域交通のあるべき姿(前編)SIP市民ダイアログレポート

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

滋賀県栗東市でデジタルサイクルスタンプラリー開催 抽選で近江牛などの名産品をプレゼント

栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会、ナビタイムジャパンは、2021年2月26日から、「ビワイチ」専用アプリ「ビワイチサイクリングナビ」を用いて、栗東市内でサイクルスタンプラリーを実施すると発表した。 「ビワイチサイクリングナビ」は、自転車でびわ湖一周する「ビワイチ」をはじめ、滋賀県内周遊をより気軽に楽しむ人に向けて作られたアプリ。滋賀県内の観光地をスポット情報と記事の閲覧や、旅行の計画から目的地までのルート検索、自転車ナビゲーションまで、滋賀県での観光をサポートする。 サイクルスタンプラリーは、「ビワイチサイクリングナビ」アプリを起動し、スマートフォンのGPSをオンにした状態で栗東市内の最大12ヵ所のスポットを巡るスタンプラリー。合計13ポイント分のデジタルスタンプを取得すると、近江牛をはじめとした栗東市の名産品を抽選でプレゼントする。 また、3ポイントを取得した方は、先着200名に参加賞として栗東市のおみやげ・ナビタイムオリジナルグッズいずれかを、それぞれ先着100名にプレゼント。 栗東市内の魅力を発信して利用者に楽しむだけでなく、ICTの活用で、周辺地域の分散集客を図り、With/Afterコロナ時代における持続可能性のあるイベントのあり方を検証し、モデルケースを構築できるよう取り組むとのこと。 実施期間は2021年2月26日から3月31日まで。 サイクルスタンプラリー詳細 1.名称 豊かな自然と歴史あふれる「緑と文化のまち栗東」を巡るサイクルスタンプラリー 2.実施期間 令和3年2月26日(金)~3月31日(水) 3.場所 栗東市全域 4.景品 応募者の中から抽選で下記の景品をプレゼントいたします。 ・A賞(13ポイント):近江牛(2名様)、プレミアムステンレスタンブラー(1名様) ・B賞(10ポイント以上):ゼッケンバッグ&いちじくジャム(5名様) ・C賞(7ポイント以上):近江米&にんにくオイル漬け(6名様)、コインケース&うま缶バッジ(6名様) ・参加賞(3ポイント):たてば珈琲ドリップバッグ(先着100名様)、ナビタイムオリジナルグッズ(先着100名様) 当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 5.実施主体 主催:一般社団法人栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会 協力:株式会社ナビタイムジャパン 関連リンク 栗東市観光協会サイト内イベントページ

自転車漫画関連

【自転車漫画】パン屋ライドやガンテツとバトル!?「サイクル。」Part13

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は楽しい?パン屋ライドやガンテツとのヒルクライムがメインとなっています。   View this post on Instagram   三色団子ちゃん 団子とともちゃんのパン屋ライド1 #自転車 #自転車女子 #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #illustrations #roadbike #cyclocross #cycling #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #ロードバイク #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク乗り...

【自転車漫画】ロードバイクは買ったあとも色々大変!?「サイクル。」Part3

作者のレンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」を紹介するコーナー。Part2ではロードバイクを購入する時のあるあるネタが満載だった。 https://www.cyclorider.com/archives/23348 https://www.cyclorider.com/archives/23443 Part3は、ロードバイクを購入した後の自転車あるあるネタ。いきなり車道を走り怖い思いや、ロードバイクだけでなくスポーツサイクル乗りなら一度は経験する事まで、様々な”あるある”(一部はあるあるでは困るのもありますが)が続きます。 三色団子ちゃん 団子ちゃんの車道デヴューはほろ苦い感じに。#漫画 #ロードバイク女子 #ロードバイク #自転車 #イラスト #4コマ漫画 #面白かったらRT pic.twitter.com/A82iDis2hf — レンゴク@サイクル。 (@rengokuH) 2017年7月11日 三色団子ちゃん 無事じいちゃんの所までたどり着きました #耳鼻科 #ギャグ漫画 #日常 #漫画 #ロードバイク #ロードバイク女子 #サイクリング #イラスト #コミック #自転車 #4コマ漫画...

【自転車漫画】ブロンプトンでめぐる北区十条 春の路地裏散策巡り「#チャリと来た」

星井さえこ(@rinkosaeco)さん作の人気の折りたたみ自転車旅漫画「#チャリと来た。」。今回、紹介する漫画は、ブロンプトンでめぐる「北区十条 春の路地裏散策」を紹介します。 春の温かい陽気、自転車で移動していると、買い物だけでなく、外に出てサイクリングしたくなるもの。そこで、買い物を後回しにして、東京に引っ越した時に見つけた秘密のお花見スポットまでサイクリングすることに。 秘密のお花見スポットはよく見ると、地元の人が多く歩いていたので、せっかくなら、といっても東京23区エリアは人が多く、お花見スポットでランチタイムを楽しもうにも、そのような場所自体が無いのが。 それでも、自分だけのお花見スポットを探そうと、路地裏に入りお花見ができる場所をくまなく探してみることに。そこで、自転車や歩行者でしか通れないような細い道を通ってみるが…。 目的地に行こうとして、地図を見ても目印になる物が見つからず、街中をウロウロと自転車で回ることに。 住宅街にあったこじんまりとしたパン屋を見つけたり、階段だらけの狭い路地をめぐり、北区、赤羽を自転車でめぐります。また、サイクリングだけでなく、赤羽台団地の解説などもあり、自転車を抜いても面白い「#チャリと来た。」北区十条 春の路地裏散策!!。続きは、以下のボタンをクリックして楽しんでください。 「#チャリと来た。」北区十条 春の路地裏散策!!を読む #チャリと来た:作者のWebサイト 星井さえこさん(@rinkosaeco):作者のTwitter https://www.cyclorider.com/archives/22387