すべての記事 ハンドル 公道仕様

使いやすさを重視した公道/グラベル用ドロップハンドルハンドル DIXNA CROSS ニーザーハンドル

img_20161105_160955

サイクルモード2016で独特のドロップハンドルを装着した自転車を見つけた。最初は、ボータレスカーボンハンドルだと思ったが、どうやら違うらしい。Venoボーダレスカーボンハンドルのアルミバージョンらしく、Dixna CROSS ニーザーハンドルというドロップハンドルだった。カタログによるとボーダレスハンドルバーはステム中心線上の快適性を重視したのに対して、ニーザーハンドルは、せり上がり部は前方にし、ドロップ部は下方に移動させて、ボーダレスハンドルバーとはコンセプトを多少変えているとのことだ。

使いやすさを追求しすぎたドロップハンドル Veno ボーダレスカーボンハンドルバー

img_20161105_161016

サイクルモードでニーザーハンドルを搭載したモデルに乗り、実際に触ってみた。個人的な意見として言うと公道用ドロップハンドルとして最適だと思った。フラット部分はハの字になっていて、長時間握っても手首に違和感が出ない。ドロップの肩の部分は、ステム装着位置よりも上にあるため、前傾姿勢気味になるロードバイクフレームでも、アップライトな乗車姿勢になりやすい。下ハンドルもコンパクトなので下り坂などでブレーキをかける場合でも、比較的前傾姿勢になりにくい。ハンドル幅はS(380/430mm)、M(400/450mm)、L(420/470mm)、LL(440/490mm)の四種類となっている。サイズ表記内容が変わっているのは、ドロップせり上がりのC-Cmm/ハンドルのC-Cmmとハンドル上下により長さが違うためだ。

Dixna ニーザーハンドルは、公道用ドロップハンドルでベストな一品だろう。せり上がったハンドルは前傾姿勢を要求されるロードバイクをアップライトな乗車姿勢にすることができ、コンパクトなドロップ部分は下ハンドルを握る時も握りやすく、公道ではレース用ドロップハンドルよりも扱いやすいだろう。数少ない欠点は通常のドロップハンドルを見ているとヘンテコに見える形ぐらいだろう。

特別特集(PR)

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-すべての記事, ハンドル, 公道仕様

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.