ロードバイクはどの位の重さの荷物を積むことができるのかブランドごとに調べてみた

ロードバイクで長距離ツーリングをする時、どうしても荷物を積む必要があるが、ここで問題になるのが車体の積載重量。ロードバイクでツーリングを行うのが流行っているため、重い荷物をロードバイクに積むのが普通になっているが、ロードバイクは重い荷物を積む設計になっているのだろうか?

今回は英語版の自転車ブランドの取扱説明書を見て、ロードバイクの積載重量がどうなっているのかまとめてみた。

スポンサーリンク

Cannondale・FELT・Jamis

Cannondale、Jamis、Feltはハイパフォーマンスロードバイクには4.5kgの荷物を積むことができるとのこと。荷物を積む場合、ハンドルにバッグを装着するかシートポストバッグの装着のみとなっていて、荷台を装着することはできないようだ。

Cannondale Bicycles - we pride ourselves in making the most kickass, cutting edge frames in cycling.

Specialized

Specializedはフレームによって、耐荷重が違うようになっている。

  • ラックマウント付いている場合:25kg
  • 非カーボンフレーム車:14kg
  • カーボンフレーム車:2.3kg

因みにロードバイクの場合はフロントに荷物を積む項目はない。

スペシャライズドの英語版取扱説明書(PDF)

GIANT

GIANTの場合、ハイパフォーマンスロードバイクはフレーム素材に関わらず1.5kgの荷物しか積めない。

The owners manuals are set up as PDF files. They can be opened in Acrobat Reader 3.0 or higher.2017 Giant WheelSystems ManualBasic operational information for G...

BRIDGESTONE

CYLVA D等のロードスポーツ車の取扱説明書では10kgまで。前は3kgまでとなっている。

Panasonic・POS

車種にもよるが、基本的に荷台の装着は想定していないのか、荷台の装着はできないと書いてある。

パナソニックの自転車公式サイト。電動アシスト自転車、一般自転車の取扱説明書をご覧いただけます。安全上のご注意や、点検と調整方法、特長のご紹介、バッテリーの使い方、エコナビの操作方法、自転車の乗り方、リヤキャリヤの積載条件、お手入れの仕方、盗難補償について、スペック等をご紹介しています。

Surly Pacer

ロードバイクながらASTM規格では砂利道や多少の段差を走行しても大丈夫なカテゴリー2を採用しているSurly Pacer。説明書では14kgの荷物を積むことができるようだ。

Surly は、沢山乗る人のために頑丈で万能な自転車、フレーム、部品のデザインと製造を行っている。要するに、まともな奴しか相手にしないってこと。

競技用ロードバイクでバイクパッキングや長距離ツーリングはほぼ不可能

基本的に競技用ロードバイクで重い荷物を積むことはできないと思ったほうが良い。バイクパッキングなどで重い荷物を積む場合、自転車が壊れても文句は言えないのを承知で行うしかないようだ。

意外だったのがSpecialized。アルミフレーム車なら、荷台が装着できなくても14kgの荷物を積むことができるということ。他の競技用ロードバイクではこれほどの荷物は積めないため、上手く宣伝すれば大きなアドバンテージになるだろう。

スポンサーリンク